自分の「めんどくさい」を回避するためにたくさんの努力をすることは「めっちゃ楽しい」です。


 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私は極度の「めんどくさがり」です。
ただ、めんどくさいの方向性がちょっと変わっていると自覚はしています。
 
一番は「玄関から外に出るのが、めんどくさい」です。
 
とは言っても、全く出たくないわけではなく、
「明確な目的があり、強制されて出ること」に対してめんどくさいと感じます。
 
わかりやすく言えば通勤など決まった時間に家を出ることですね。
あとは、約束した時間に間に合うように家を出るのも嫌です。
 
単純な話、時間に縛られるのが嫌いです。
 
自分の気分で散歩に出たり、買い物に出るのは好きだし、
ウキウキ気分になります。
 
なんというか「行かなきゃならない!」というのが嫌いなんです。
ゴミ捨てに行くのも億劫です。
 
それもあって、引きこもりで稼ぐためにたくさんの努力をしてきました。
「めんどくさいの基準」は人それぞれ違うし、
生活に困っているわけでもなく、充実した毎日を送っているので問題はありません。
エアロバイク、筋トレグッズ、ヨガマットも家にあるので運動もしています。
ベランダにはアウトドアチェアと小さなテーブルがあり日光浴もでき、コーヒーを飲みながら本を読んでます。
 
我が家は家に引きこもっても、充実した生活を送れる道具が揃っているのです。
 
主人は「なるべく外に出ようね」と言っていたのですが、
外に出ることが規制された世の中になりまして、
私の望むままに「引きこもり充実グッズ」が増殖しました。
 
流石に食材の買い物に関しては「それくらいは、外に出ろ」と言われているので、
自ら足を運ぶようにしています。
というか、最近は宅配便が届くことにすら「めんどくさい」の感情が出てきてしまいました。
時間指定しても気を揉んでしまってストレスなんです。
 
ゆえに、欲しいものに関してはメモを残して買い物に出たときに揃えています。
実際、外出が嫌いなのではなく「約束された時間を気にする」ことにストレスを感じるので、
私の気分でフラフラする外出は好きだし、ショッピングも好きなのです。
 
 
こんな私に対して否定的な意見を言う人が、かなり多いのです。
しかし、「私がこの生活をするために、どれだけ努力していると思っているのだ」と返したくなります。
 
過去には「引きこもりで稼いで、充実した生活をするぞ!」と決めて、そのスキルを身につけるための勉強をするための資金を稼ぐために会社勤めをしていたこともあります。
私にとって「引きこもりで稼ぐ」が明確な目標であり、
そのためにたくさん頑張ってきたのです。
 
なので、否定的なことを言われても自分がしてきた努力、積み重ねがあるので、
「私は、そのために頑張ったんだし」と気にしないことにしてます。
正直、「じゃあ、あなたも頑張れば?」って感じです。
 
何を「めんどくさい」と思うかは人それぞれだし、
誰かが「めんどくさい」と思うからこそ、文明は発達してきたのです。
(自転車だって誰かが「歩くのめんどくさい」と思ったからできたのでは?)
 
私が感じる「めんどくさい」を自身が受け入れて、
「じゃあ、何をすればめんどくさいことをせずに、充実した生活が送れるか」を考えた結果が今の生活なのです。
 
「めんどくさい」を回避するためのあらゆる努力はめんどくさいどころか「めっちゃ楽しい」ので、
それでいいと思ってます。
 
 
るい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA