第9回 母の最大の愚行は妹の大学費用を横領していたことである。【家族の話】【毒親と縁を切った話】


こんにちは。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
連載コラム【毒親】【家族の話】です。
 
 
今回は「母の愚行〜妹編〜」についてお話しします。
 
 
正直に言うと、
私が受けてきた母からの嫌がらせなんて、
妹と比べたら、まだマシです。
 
私は高校が不登校で、
その後はニートしておりました。
 
妹は大学に進学したのですが・・・。
 
父から母経由で渡されていた、
妹の大学費用、生活費、免許取得費用、成人式の振袖費用など、
大学に入ってからの妹にかかるお金すべてを、
 
母が横領しておりました。
 
妹はバイトをして、それらを支払っていたみたいです。
 
 
それを知ったのは、
妹が大学を卒業した後です。
 
母は妹を
「お父さんはお姉ちゃんばかり可愛がって、あんたにはお金を出さない」と洗脳していたようです。
 
私はニートで家にいたので、
父が母にお金を渡しているのも直接見ています。
 
幼い頃から何故か妹に嫌われていたのですが、
そう母に洗脳されていたみたいです。
 
「お姉ちゃんばっかり」という気持ちから、
私のことを嫌悪していたらしく、
 
事情があって妹と2人で話し合いをしたときに、
このことを妹に言われ、
私も「お父さんはお母さんにちゃんとお金を渡していたよ」と言い返し、
母がそれらのお金を横領していたことが判明しました。
 
私は大学に行っていないのでピンとこないのですが、
奨学金も貰わず、学費と生活費をバイトだけで稼ぎ出して、
さらに妹は成績トップクラスだったんですが・・・。
どれだけ苦労してたの?と思いました。
 
ちなみに父は自分が学費を出していると思っていたので、
妹が「優秀学生の学費免除を申請したい」と言っても、
くだらないプライドで「俺の稼ぎが悪いと言いたいのか」と一喝してました。
 
 
私に言わせれば、妹もバカです。
 
なぜそのことを父や私に相談しなかったのでしょうか。
相談してくれれば解決したことなのに、
何も言わずにバイトに明け暮れて「可哀想な苦学生」でいたのです。
 
妹の学費を母が横領していたと判明したときも、
「なんで、お父さんや私に相談しなかったの?そうすればそんな苦労しなかったよね?」と叱りました。
 
おそらくは幼い頃から「父と姉は悪だ」と母に洗脳されていたので、
相談できなかったのだと思いますが。
 
とは言っても、
その頃の私も母が原因でメンタルを病んでニート時代だったので、
確実に妹を助けてあげられたかはわかりませんし、
だからこそ妹も言いにくかったのかもしれません。
 
 
母の最大の愚行は「妹の学費を横領した」ことです。
 
私は母から数多くの「いじめ」「嫌がらせ」を受けてきましたが、
母と妹は仲がいいのだと思っていました。
 
実際には妹を洗脳してお金を横領していたわけですが・・・。
 
ちなみに横領の件を母に問い詰めたところ、
いつもと変わらない答えが返ってきました。
 
「お父さんの稼ぎが悪いから、生活費が足りない」だそうです。
 
 
この一件でも父は「見て見ないふり」「母を叱りもしない」ので、
やっぱり1番の悪ですね。
 
ここから実家に対する金銭管理が、
長女である私によって締め上げられていったのです。
(この件にも色々あるので、また別の機会に語ります)

第10回はこちら

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA