日々のこと。

夫婦仲がいいのは家庭の金銭管理をきっちりしていて、遊ぶための予算もしっかり確保しているからです。②

 

①へ

 

 私はフリーランスなので難しい部分もあるのですが、基本的には私と主人の収入を合算して「世帯収入」として考えるようにしています。主人のお小遣いが週に1万円なので、私のお小遣いも「そのくらい」と考えてはいます。実際には殆ど家にいて仕事をしているので服もラフなものでいいし化粧もしないし、物欲も強くないのでお金を使うことはほとんどありません。食事は家計の中から出ていますからね。化粧水などの基礎化粧品があれば十分ですし、外出着も枚数を持っていなくてもなんとかなります。私が在宅でブログ収入を得ることを選択したのは身体的理由で外に働きに出ることが難しいことと、主人が家にいて家事などをして家を守ってほしいと言ってくれたことが理由ですし、仕事をして稼ぐ理由も「暇・退屈が生きる上で一番恐ろしいこと」だと考えていることと「主人との生活をより豊かにしたい」という気持ちからです。というわけで私が好き勝手お金を使っていい理由も、好き勝手に散財する理由もないのです。私がそういう考えでいるからか、主人も信用して私に任せてくれています。
 信用されている一番の理由は「家計簿と通帳残高をいつ見られても問題ない」「もし、見せることを拒んだら絶対に疑え」と結婚当初に面と向かって告げているからだと思っています。私自身が毒家庭、毒親育ちであり、母親が家庭を顧みずに家のお金を好き勝手使っていて家事もせず、いつもお金がないと文句を言っているような人で「なぜお金がないのか説明しろ」「帳簿を見せて説明しろ」と言ったら暴れるような人でもあったので、そういう考え方をするようになったのです。たとえ私が「お金が足りない」「今月は少し厳しい」と主人に相談したとしても、家計簿をきっちりつけていますし見られても問題ないようにしていますので主人は怒らないでしょう。まあ、実際は1年先の支払いまで見越して、かなりきっちり管理しているので足りなくなることはありませんが…。その代わり、常に節約生活です。それでも保険料や車の車検、整備費など生活するための必需費用、支払うべきものや「この時期に旅行に行きたい」など娯楽の予定に関しても予算を組んでいますので、我慢するといった感覚はありません。ちなみに「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」も絶対に行くと決めているのでチケット代、パンフレット代、ドリンク代は既に予算を組んでお金を確保しています。
 いろいろお話しましたが、なにが言いたいかというと「納得がいく理由が説明できる支出に関しては、誰も文句を言わない」ということです。文句を言われたくないのであれば、言われないようにすればいいだけの話なのです。「好きに使っていい」とされているお小遣いに関しては干渉しませんし、されたくありません。しかし、主婦として生活を成り立たせるために主人から預かっているお金をどう使うかを任された身としては、稼いでいる主人に対して説明の義務があると考えています。私個人の収入に関しても「世帯収入」「家族のため」と考えると報告すべきでしょう。お互い「好きに使っていいお小遣い」があるのですから、それ以外に関しては情報を公開するべきです。
 私たち夫婦は仲がいいと自分でも思っています。それは「きっちりするべきところは、きっちりする」「それ以外は、ちゃらんぽらんでいい」というスタイルが共通意識であるからだと考えています。
 
泪-rui-

 

こちらの記事をはじめから読まれる方はこちらから。

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA