閉じる

若者がSNS依存するのは学校での人間関係のためであり「経営者のストレス」を踏まえると心を壊すのは当然だ。⑤

 

④へ

 

 学生の本分は勉強することです。自由に使えるお金も少なく、免許もないから遠出できず、電車やバスで遠出しても遊ぶお金もありません。そもそも宿題や塾、部活、バイトなどもあり、そんなことをしている余裕もないのです。スマホの電源を切って連絡が取れないなんてことになったら、学校でどんなことを言われるか不安になってしまします。
 スマホの電源を切っても1人でリフレッシュできる状況にはありません。社会的地位がないともいえます。経営者のように「リフレッシュのために1人になってくる」と気軽に言えるものでもありません。
 学校を休みたいと言っても親になんて言われるかわからないし、そこから揉め事に発展する場合もあります。経済力のない学生には「リフレッシュ休暇」は存在しません。

 

次へ

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.