日々のこと。

知らないって怖いなぁと思うことが昔から多々ありました。フリーランス思考とサラリーマン思考は10代から現れているものなんです。

 

昔「自己中心的」「ジコチュー」という言葉が流行りましたね。どちらかというと悪い意味で使われていました。協調性がないことを悪いことのように「ジコチューだよね」と揶揄したものです。
遊びに誘われて断ったとき「ジコチュー」だと言われることもありました。
 
つまりは、思い通りにならないことがあるときに「ジコチューだ」と相手を蔑むです。
私は「自己中心的」であることを悪いこととは思いません。
 
自分の予定や都合をキャンセルしてまで、相手の都合を優先しなければならないのでしょうか?
断れば「ジコチュー」と言われ、仕方なく了承すれば「つまらなそう」と文句を言われるという意味の分からないですよね。
 
 
前にこんなことがありました。
 
私と友だちが、たまたま同じ日に同じ施設に行くことがあり来館予定時間も同じくらいだったので、事前にメールで「会えたらいいね~」なんて話をしていました。
しかし、明確に会う約束をしていたわけでもないし、会ってなにをするかを話していたわけでもありません。
 
「予定時間が同じくらいなら、会うかもね」くらいのニュアンスです。
私は、「会うかもな~」くらいで、その場で一言二言くらい交わして帰宅するつもりでした。
 
当日、都合で来館予定時刻が変更になりました。2時間くらい早まったのです。
私は、用事を済ませ帰宅しました。
 
私がいるかもしれないと友だちが気にするのも悪いし、手間になってしまうと思って友だちに諸々の事情をメールで送ったのですが、返信はありませんでした。
 
私は「まあ、約束していたわけではないし」と軽く考えていたのですが、数日後に手紙が届いたのです。
 
 
なぜか私が約束を反故にしたことになっており、怒りの言葉が並べられていましたね。
私としては「会えたらいいね」くらいのレベルで、明確に約束をした覚えも、そのあとにどこかに行く約束をした覚えもなかったので、怒っている理由がよくわかりません。
 
友人にとっては「私と会う約束をしていた」のでしょうが、私は「会うかもね」と言ったけれど約束をした覚えはありませんし、「自己中心的」と言われても意味がわかりません。
 
相手がかなりご立腹だったので謝りはしましたが、それからは疎遠になりました。
 
この件に関しては、いまだに「明確な約束をしていなかったのに、なぜ私が悪いことになっているのか」とかなり疑問なのです。
 
 
主人にその話をしたときに、なんとなく答えが出ました。
 
 
私は実家が自営業で、時間があれば仕事だったり勉強だったり色々やることがあります。
明確な約束ではない限り、優先させることはありません。
ちなみに、この日も用事が終わったらすぐに帰宅して事務作業をする予定でした。
 
逆に友人は仕事以外の時間は暇な時間であり、やることも特にない。
特にやることもないので、時間がある友だちがいて、たまたま会えるとなれば一緒に遊ぶということになるようです。
 
その違いからの「すれ違い」なのでしょうね。
 
そのときは、まだ20代前半ですから私が「休みでもやる仕事がある」とは思われていなかったのでしょう。
 
 
当時の私には、そのことが理解できませんでしたから説明することもできません。
「なぜ彼女は激怒しているのだろう?」と疑問でしかありません。
 
私は明確な約束でもなく、どこかに行く約束もしていなかったので優先すべきものではなかったのですが、相手にとってはそういうことではなかったのですよ。
 
 
彼女が怒った理由はいまだに納得できていないのですが、思考の違いだったので仕方ないかなとは思ってます。
 
 
学生のときや、20代前半の頃は友だちと遊びに出かけては「17時に仕事の約束があるから、もう帰るね」とか、行くときも「〇〇で配達してから行かないといけないから、少し遅れるかもしれない」と事前に連絡していても、かなり不機嫌になられたりしていました。
 
結局私は、学生の頃から「仕事優先」だったのですが、同級生たちには理解しがたかったのでしょう。
 
 
言わせていただけるのであれば「自営業、フリーランスなんて、そんなもの」です。
 
 
主人曰く、目指しているものが個人事業種か、雇われる会社員なのかの違いだそうで私は幼いころから自営業の家庭で育って、10代の頃から「個人事業種になる」と明言していたので雇われる側の思考がわかっていないそうです。
 
サラリーマンの主人とは、その話で白熱した討論会になります。
 
 
私は会社員とかサラリーマンの考え方やシステムがよくわからないのです。
 
 
そんなわけで、私は周囲と馴染めなかったのですよ。
仕事のことを常に考えていて、時間があれば仕事のために使うことが当たり前で暇さえあれば本を読みます。いつもノートと筆記用具を持ち歩いて思いついたことをメモする。
どこかに行けば情報収集のためにフリーペーパーを全部持ってくるなど、友人たちには理解できない行動だったのだと思います。
 
 
自分が無知だった故とはいっても、友人と遊びに行っているときにそれをしてしまったのは悪かったなぁと反省しています。
 
 
知らないって怖いなぁと、本気で思いますね。
 
 
泪-rui-
 
 

泪-rui-

主婦です。

気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA