閉じる

不必要なものがない生活というのはやはり憧れるものですね。

 

こんにちは、るいです。

大人になったから物欲がなくなったなあと感じることが多くあります。

学生や独身の頃と比べて雑貨や本などを買う頻度がかなり減りました。

おかげで家の中に物がかなり少なくなりました。

物がないと片付けることが楽だし 部屋が広く感じるのでとても嬉しく感じています。

ものにお金を使うより今は楽しむことや美味しいものを食べることにお金を使っています。

遊びに行ったり美味しいものを食べたり色々していますが、 そこで形に残るようなものを買うということはあまりなくなりました。

思い出の品だからといって家に物が溢れてしまっては意味がないからです。

ミニマリストという言葉が流行しましたが私は とても良い事だなと感じているのです。

家や部屋の中に物を置かないということは節約をしているということでもありますしエコ活動ということでもあります。

物が溢れているというのは贅沢なことですし案外無駄なものが多いのです。

そう考えると昔の私は無駄なものに囲まれて暮らしていたのですね。

捨てても何も困りはしなかったのですからやはり無駄なものだったのです。

そう考えると無駄なものって案外身の回りにたくさんあるような気がします。

最近はパソコンが 邪魔だなと思うことが多くなりました。

あったら便利ではありますがなかったらなかったでスマホやタブレットで何とかできてしまいますからパソコンがなくても特に問題はないような気がします。

ただの私がパソコンを使って作業をしたいだけなのですよね。

スマホもタブレットも今はパソコン並みの機能がありますからパソコンがなくてもなんとでもなってしまうんです。

実際この記事もスマホで使って書いています。

パソコンのキーボードを打つことが好きなのですがやはり疲労がたまっているとスマホの音声入力を使ってブログを書いたり小説を書いたりすることが多くなってきました。

若い頃はキーボードを叩くことが疲れるなんてことは考えませんでしたが30も超えるとキーボードを叩くだけで疲れを感じるようになるのです。

そんなわけで今のパソコンが壊れたらもうパソコンは二度と買わないかもしれません。

スマホも それなりに高機能なものを使っておりますので ある程度のことがこれで出来てしまいます。

本当は思い切ってパソコンを処分してしまいたい気持ちもあるのですがやはりそれは話が違う気がしてなかなか踏み出せません。

物がない生活、必要なものしか家にない生活。

家には眠りに帰るだけという生活に憧れはしますが、 私も主婦という立場ですので掃除や洗濯などもしなきゃいけません。

一番働いてくれているのは主人ですのでやはり家の環境の言葉を整えなければなりませんね。

家に物を話さ増やさなくなったのは確かですが未だに衝動的に買ってしまうことがあります。

衝動買いというのは女性にとってストレス発散の意味もあるので主人も大目に見て遅れていますが、 それでもミニマリストとまではいかずとも 不必要なものが家にない 生活にはとても憧れます。

るい 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.