閉じる

「車社会」の地域だからって、必要ないなら車を持たなくてもいいのよ。

 

 
こんにちは、泪-rui-です。
 
私の住んでいる地域は所謂「車社会」であり、大人になれば1人1台所有していることが当たり前で、車がないと仕事に行くにも困るという地域です。
 
30代の私ですが、この年で運転をしないことはあり得ないとされる地域です。
 
 
私は見た目が超健康なので、車を運転しないことを不審な目で見られます。
恐らくは「お金がないから」と思われているのでしょうけれど。
 
別にお金がないから車が持てないわけではありません。
というか、稼ぐのなら車を所有して働きに出たほうが利益が大きいじゃないですか。
私だって、免許は持っています。
 
それでも運転をしないのは身体的理由です。
今は、なんとか免許を更新できていますが、かなりギリギリなところです。
 
視力が悪くなっていて、規定ギリギリでした。
視野も狭いので、運転は昔から苦手で、結婚して越してきた地域はトラックが多く、煽ってくる車も多いので、地域に慣れていないということもあり、主人から運転禁止を命じられました。
 
視力や視野に関しては、仕方のないことです。
見えないのだから、慣れれば大丈夫という問題でもありません。
 
横から来る車がすぐ近くに来るまで気づかないのですから、やはり危険です。
 
 
そんなわけで、運転をしないという前提で身分証のために更新は続けています。
それゆえに、ゴールド免許です。
 
 
地域のコミュニティバスを日常的に使います。
30代で通勤でもないのにバスを利用するのは珍しいので、他の乗客がいないときに運転手さんが話しかけてくださったりします。
(停留所での時間待ちの停車時とかに)
 
車社会の地域では、本当に珍しいのです。
 
 
変な目で見られることもあるのですが、年配の女性の方は肯定的です。
 
「いいのよ~。車なんてお金がかかるだけだし。なくていいなら、それでいいのよ。その分、貯金できるからいいじゃない~」なんて言ってくれます。
 
家計を管理して支えてきた女性の言うことは違いますね。
さすがです。
 
お金の大切さを知っていて、不必要なものにはお金を出さないという考えが素敵です。
 
人生の先輩たちからの教えですね。
 
 
私は運転が難しいので、有難い教えと捉えていますが一般的には1人1台ないと働くのも難しい地域なので、人それぞれですね。
 
それぞれの家庭で、生活スタイルが違うので、我が家はこんな感じです。
 
周りに合わせて無理をする必要はないですよ。
 
 
泪-rui-
 
 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.