日々のこと。

知らないことを認めずに怒鳴り散らす大人にはなりたくない。

 

こんにちは、るいです。

たまに「 大人とは何だろう」 と考えることがあります。

二十歳になれば成人式があって大人の仲間入りだと言われていますが

毎年成人式の最中警察沙汰になるようなことが起きています。

成人式に警察が来るのは恒例と言っても過言ではないのかもしれません。

成人式という公式な儀式でわざわざ警察のお世話になるようなことをするのに大人の仲間入りなのかは少し疑問ですよね。

私が30年以上生きてきた中でも「 大人とは何だ?」 疑問に感じることは数多くあります。

私は幼い頃から「 夜に新しい靴をおろしてはいけない」 と教わってきました。

「 なんで?」 と尋ねても「 そういうものなの!!」 怒鳴られていたのです。

私は納得のいかないことには従わない子供だったので

「 理由がないのならしたくない」 と言っては親を不機嫌にさせていました。

自分が大人になってから夜に新しい靴をおろしていけない理由がわかったのです。

古来から夜は死者の時間とされてきたので夜に新しい靴をおろして履くと「 陰の気」 が付き纏い、 死者を呼び寄せてしまうことから、夜に新しい靴をおろして履いてはいけないのだそうです。

私は親から「 してはいけない」「 絶対にダメだ!!」 叱責されてはいたのですが、その理由を聞かされたことは一度もありません。

私の親は「 してはいけない」ということは知っていても、

その理由を知らなかったので説明することができなかったのだと思います。

わけもわからないのに子供に「 だめだ!!」 怒鳴りつける大人は本当に大人なのでしょうか?

「 大人の言うことは絶対」 と言う人がいるけれどわけや説明もなしに

子どもが納得できないことを押し付けることは、本当に正しいのでしょうか?

大人だって知らないことがあることを自覚して欲しいし、

知らないからといって 子どもを怒鳴りつけて言うことを聞かせるような大人では会って欲しくありません。

当然のことではありますが、

私もそんな大人にはなりたくない と常々思って生活しています。

るい

泪-rui-

主婦です。

気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA