日々のこと。

毒実家から離れて気づいた、「あの家と親は、おかしい」と。あの状況で頑張っていた私もおかしいけど、よく頑張っていたと褒めてあげたい。

こんにちは、るいです。

今日は所用で出かけなくてはいけません。

はっきりといえば、通院なんですけどね。

月1で、注射しているので、絶対に行かなくてはいけないのですよねぇ。

多少は、延期しても平気なのですが、

あんまり期間を置くと、神経症が出てくるので…。

学生時代からお世話になっていて、

結婚して引っ越してからもお世話になっているので、

車で1時間かかっても、行かないと日常生活に支障が出るんですよ。

新婚当初、所用が重なって3週間延びたときには、

神経痛で歩けなくなるし、手足も動かしにくいしで困りました。

やっと注射で投薬してからも、1か月くらい神経痛に悩まされました。

ドクターによると、体内でゆっくりと効くもので、月1でつぎ足す感じらしいです。

この注射にしてから、体調がよくなって、

日常生活が絶好調で、お仕事もできるようになったんですよ~。

その薬が、私に合っていたようです。

新婚当初に、通院が延びて、そんなことになったので、

主人は「これは、予約日に行かないとまずいわ~」と思ったらしく、

通院日には必ず休みをとって連れて行ってくれるようになりました。

所用で予約日に行けなくても、

なんとか数日後とか、期間が開かないように休みをとってくれます。

主人の会社も「働き方改革」で有給を使いなさい!とお達しが出ていて、

一応、管理職にいるので、主人が有給を取らないわけにもいかないし、

私の通院日で有給をとっていますね。

あとは、嫁の通院日を有給にしておけば、

出勤要請されても、「嫁の病院なんで。定期投薬しないと役立たずと化して俺が困るし、仕事にも支障が出ますよ」と、休めるとでもいうことでしょうかね。

予約日に行けなくて、役立たずと化したことがあったので、

絶対に、予約日に通院しています。

私は「仕事の事情もあるだろうから、1週間は延びても大丈夫だし、部署の人には迷惑かけないようにしてね」と言ってはいるのですが、

それでも、ほとんど予約通りです。

よっぽど神経痛などで嫁が「役立たず化」したことに堪えたのでしょうね。

というか…「役立たず化」することよりも、

私自身が「役立たず化することを気に病む」ことと、

神経痛で動くのもつらいのに、「やらなくては…」と家事をしようとして、

ふらついてぶつかって痣を作ったり、うまく動かない手で包丁で怪我したり…。

帰宅したら嫁が、動けなくなっていることに、

主人が心配して、ハラハラするというのもあるかもです。

私は、自分が「役立たず化」することに恐怖を感じるのですよ。

これは、毒親から受けた洗脳なのですが、

実家では、どんなに仕事で疲れていても、体調が悪くても、

家事をしなければ、罵詈雑言を浴びせられたり、

嫌悪の視線を向けられたりだったので、

体調が悪くても、貧血でフラフラしていても、神経痛がつらくても、

根性で家事をこなさなければならなかったのです。

その「癖」が、結婚してからも抜けなくて…。

今は、主人の教育もあって、体調が悪いときは家事に手を抜けるようになりました。

実家は、かなり広い一軒家だったので、

体調不良を隠す手法がたくさんあったので、離れとかでやり過ごしていました。

結婚してからはアパート住まいなので、

体調不良や痛みをやりすごすために隠れることができないので、主人にすぐばれます。

主人としては、嫁が役立たず化しても、

家事などはお休みして、だらだらしていてもいいと言ってくれるのですが、

私が役立たず化することを、かなり気に病むので、

役立たず化しないように、予約日に通院させます。

主人と暮らすようになって気づいたのだけど、

なんで私は、そんなヘロヘロの体で体を壊しながらも、

3つの仕事を掛け持ちして、家事もしていたのだろうか…。

母親は仕事もしていなかったし、家事もしないし、遊び歩くし、

パチンコと男で家のお金を使い込むような人だったし、

父親は、それを見て見ぬふりして、娘に家のことも家事も、お金の負担もかけるような人で、

娘に指摘されると罵詈雑言を浴びせるような男だったのに。

離れて気づくのですよ。

「あの親、おかしい」と。

毒親と縁を切ったときに、

「なにか言いたいことがあるときは、公的機関を通してでないと接触しません」と通告してあるのですが、

公的機関を通すと、今まで娘にしてきたことが公になって、

親たちが不利な立場になるし、そうなったら私が正攻法で徹底的に叩き潰すので、

なんの接触もありません。

まあ、昔はいろいろあったけど、

今は、お金の無心もされないし、体調をみながら好きに家事も仕事もできているし。

幸せに暮らしていますよ。

泪-rui-

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA