日々のこと。

私の魅力は「なんか、よくわかんないけど…なんかいいよね」とのことなので、私は今のままでいくことにしました。

こんにちは、るいです。

昨日は主人と久しぶりに真剣トーク。

内容は、「るいの魅力とは、なにか」です。

イラストとか小説においての、私の魅力とはなにかを主人に相談しておりました。

たまに、このテーマで話し合いをするのですが、

話し合いというよりも、たまに迷ったり自信を無くすので、

私自身の再確認といったところです。

私のイラストや小説なんですが、

言葉で説明できる魅力が、ないんですよね。

私自身も、ネットにアップするときに、

紹介文に困ります。

私の頭の中というか、世界を表現しているだけであって、

「これを伝えたい!!」ものがなく、

私の作品を見たり読んだりして、

「あなたが、なにかを感じて、なにかを考えるキッカケになってほしい」という思いはあっても、

作品の中に「私はこれを伝えたいんだ!!」というものはないのですよ。

たまにいただく感想で、

「言葉では表現できないんですけど、なんか惹かれます」というものが多くて、

それから、「私の魅力って、そこなんだなぁ」と気づき始めたのですが。

確かに、私も作品を言葉で説明することができないのです。

それを主人に作品を見てもらいながら再確認していて、

私の中に生まれた疑問が、

「私って天然ボケなの?」ということです。

これに対する主人の答えは、

「天然ではない」でした。

ただ、考えるスピードが速くて、

その考えている時間が、周りにはぼ~っとしているように見えること、

物の見方が独特なので、周りにはボケているように見える。

計算しているボケではあるんだけど、

るいは、計算していること自体が無自覚。

結局は、「計算していることを自覚していない、ボケ」だそうです。

そう言われていろいろ考えてみたんですが、

確かに、私は自分の意見や思考を文章として言葉にしたときや、

「仕事」や「真剣な話し合い」のときは、性格や口調が一変します。

ブログやメールでも、

「これは、本当にるいが書いたものなの?」と疑われるくらいに、一変しますね。

キーボードで文章を打っているときは、

「思考中」になるので、性格が変わるようです。

ちなみに、普段の私は、かなり「ちゃらんぽらん」ですよ。

私がパソコンに向かっているとき、主人は絶対に話しかけてきません。

主人曰く「目とオーラが、真剣モードだから、怖くて話しかけられない」だそうです。

「ちゃらんぽらん」と「真剣モード」の切り替えを計算したり自覚してやっているわけではなく、

思い立ったときに、「す~」っと入るのですよ。

たぶん、四六時中「真剣モード」でいると心身が持たないことを本能で理解しているので、

それ以外は、「ちゃらんぽらん」なのかなぁと。

私は、本能の赴くままにイラストや文章を書いていて、

周りから見ると「何も考えていない」のかもしれませんが、

私の中には、「こうなんだよなぁ」という道筋は見えていて、

けれど、それを明確な言葉にすることができなくて。

そんな感じで作品を作っているのです。

それでも、「いいね」とか「好きです」と言ってくださる方がいるので、

私の魅力って、

つまりは、「なんか、よくわかんない」ということなのだろうな、と。

昔から言われることは、

無自覚でしている思考とか、道筋、計算を言葉で表せるようになれば、敵はいないよ、なのですが。

たぶん、それを自覚してしまったら、

私の魅力がなくなると思っているので、そこは明らめます。

 
泪-rui-

泪-rui-

主婦です。

気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA