世界は、私に都合よく回っていると思うことがあるのだけれど?

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

先日、主人が定時よりも早く帰宅しました。

なんか、翌日が修繕日で、その準備が終わったから、

上司が「もうみんな帰っていいよ〜」となったらしいです。

定時が夜10時で、翌日がお休みだったので、

帰宅後に某ペンギンのディスカウントショップに買い物行こうか〜と話していたので、

とてもちょうど良かったです。

ついでに、午後10時に閉店するスーパーにも行けたので、

翌日の買い物は近場の100円ショップと業務スーパーだけになったので、

とても楽になりました。

転職したばかりなので、よくわからんのですが、

そういうこともあるんだなぁ、って感じです。

 

なんというか、

我が家はというか、私はこういうタイミングというか、

運がいいんですよね〜。

自分で言うのもなんですが、

「世界は、私に都合よく回ってる!?」と思う出来事がよくあります。

というよりも、私が「ご都合主義万歳」な考え方をしているので、

そう思うことにしているだけですが。

これについてたまに言われることがありまして。

私は直感が鋭くて、それがよく当たるんです。

それに関して、

「あなたは無自覚の知識と経験を、無自覚にフル稼働させている」と言われます。

(なので、気づかないうちにエネルギー使いすぎて低血糖を起こす)

加えて、

その「直感」を「なんか、こうな気がする〜」じゃなくて、

明確に、論理的に説明できるようになれば、最強なんだけどね〜と。

なので、私が直感で予言?する、

「なんか、こうな気がする〜」を信じる人は、自分で論理的に考えていい方向に行くし、

「何言ってんの?」と馬鹿にする人は、失敗したりします。

今回の主人が早く帰ってきた件は、本当に偶然ではありますが、

「世界は、私に都合よく回っているのでは?」と思えてしまうのは、

早く帰ってきて、翌日の休みを有意義に過ごすために、

買い物を済ませてしまうという結論をすぐに出したりしてるので、

まあ、機転は効くので、

「起こった状況を、自分に都合よくかえる」ことを、

特に考えているわけでもなく、自然にやっているから、

「世界は、私に都合がいい?」と思ってしまうのかもしれません。

前につっこまれたことは、

「世界が都合が良く回っているのではなく、あなたが自力で都合よくしてるんだよ」ですね。

るい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA