休みがあるって、めっちゃ素敵だと思った。

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

主人の転職をきっかけに、とでもいうのでしょうが、

私が自分の仕事に邁進するようになりました。

というか、新しいことにチャレンジする余裕が生まれたのです。

ブラック企業勤めの時は、

体の回復が間に合わないくらいに休みがなく、残業も多かったので、

食事などにかなり気を使っていたし、回復のために色々実行したり、

一番は、めっちゃ心配していたので、

それなりに自分の仕事が停滞していました。

今は、ちゃんと休みもあるし、残業も滅多になく

むしろ有給とか「この日数は絶対休んで」というものに対して、

戸惑いを感じているくらいです。

これに関しては、主人が仕事に慣れてきたら、

私の仕事をガチで手伝ってもらうことにしてます。

まあ、会社側で定められている計画書によると

完全なる独り立ち?は1年なんだそうですけど。

それでも、休みはあるし、

心の余裕はあるので、ブログのネタ(と言っても、私や主人が好きなこと、もの)として

映画、美術館などに足を運んでいます。

ブラック企業時代は、体の回復リフレッシュのために

公園に森林浴や、銭湯などには行っていたのですが、

「遊びに行く」というのはなかったです。

本当は、美術館の企画展、見たい映画もたくさんあったのですが、

主人に気を使って、言わなかったんですよね〜。

私は1人で外出がほぼできないので。

彼に言えば無理してでも連れて行こうとするので、

逆に言えなかったんです。

主人にも話したのですが、

「半分無意味な気を使っていたのかもね〜」と。

でも、嫁の立場で見ていても、

彼の労働環境は、やばかったです。

今は、見たい映画や美術館の展示会などをリストアップして、

主人の休みと、彼の都合を聞いて

 

「これは、この日あたりに行けそうだな〜」とか計画を練っています。

徐々に日帰り旅行も計画していきたいですね〜。

るい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA