歯茎の痛みが広がってしんどかったのは、顎関節がズレていたかららしい。

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

歯茎が痛くてしんどい!

鎮痛剤の飲み過ぎも良くないし!

仕事もろくにできしない!

そんなことを宣っていましたが、

現在、半分くらい解決しました。

主人が「顎関節ずれてんじゃね?」と言い出したので、

お馴染みの柔道整復師をお呼びして

(休日のお出かけ帰宅直後でお夕飯前だったのに、ありがとうございます!)

(まあ、「夕飯食べてからいくよ〜」でしたが)

ばっちり施術してもらいました。

結局、めっちゃ顎関節がずれておりました。

なんか、それで歯茎の痛みが顔全体というか肩とかまで響いていたみたいです。

「歯茎の腫れは治せないけどね〜」とのことでした。

顎関節がめっちゃずれている点に関して、

確定ではないですが、思い当たることがあります。

歯茎の痛みがひどくなる直前の歯科医で、

唾液吸うやつ?口に入れている歯科助手が滑ったらしく、

口が「がこっっ」となったんですよね〜。

歯を削っている最中でしたが、

特に怪我もなく、痛みもなくて、

歯科助手さんは、かなりドクターに怒られておりましたが。

その時に顎関節がずれたのかなぁと。

柔道整復師にズレを直してもらって、

歯茎の痛みは変わらずですが、

痛みが広がることはなく、しんどいのは治りました。

柔道整復師の方は、主人と仲良しなんですが、

いつも急に呼び出しても来ていただけるので助かってます。

本人曰く、

「いや、なんか不思議といつもタイミングが合うんだよね」

「無理な時は、無理って断ってるし」

急に「やばいよ〜助けて〜」って電話するとタイミングがあって大丈夫なんですが、

1週間前とかに「この日でよろしく〜」と予約すると

直前に「ごめん!仕事(本業)でトラブルが!また後日!」ってなるんですよね〜。

柔道整復師は、副業なんですよ。

人によってはタイミングが合わなくて、

1ヶ月以上、施術できない場合もあるらしいです。

それを承知した上でも

「この人に!」と思える技術を持った人なので

特に問題ないんですけどね。

 

歯茎は相変わらず痛いですけど、

痛みが広がるのはなくなって、

これでお仕事が復活できます。

るい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA