主人の前の会社の方々には彼のことを忘れて幸せになってほしいよ。

 

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

先日、とある情報もとから、

主人が前に勤めていた会社の近況を聞くことがありました。

単純に言えば「めっちゃ、やばいよ」とのことです。

情報もとの方のところには

何人かが「いい仕事はないか」と相談が来ているみたいですね〜。

うちの主人がいなくなったから、とまでは言いませんが、

それに近い感じみたいです。

会社が傾く気配を察して

さっさて転職した主人に対して「裏切り者」と思っている感じはしています。

まあ、ブラック企業あるあるですね。

なんと言いますか、

「あいつが辞めたせいで」という負の感情が

会社全体を覆っている感じがします。

負の感情が団結すると負のスパイラルを巻き起こすし、

あらゆることがよくない方向に向かうので、

よくないなぁとは思ってます。

我が家では退職に伴う有休消化が始まった時点で、

「昔の女(会社)の話はやめよう」という話をして、

愚痴愚痴いうのを辞めました。

休みもなく、残業も多く、

上司の仕事もさせられていた主人のことを考えると、

「辞めた会社がどうなろうと知るか」という気持ちもあります。

それでも「主人のことなど記憶から抹消して、前向きに頑張ってほしいな」と思う気持ちもあるのです。

辞めて転職したからと言っても

色々繋がりはあるので、情報は入ってきますが、

「負の感情スパイラルだわ〜」という感想しか出てきませんね。

 

まあ、最後の給料と退職金が振り込まれるまでは、

主人のことを覚えておいてもらわないと困るんですけどね。

るい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA