孤独ライフを満喫できるまで2年かかった【人と関わることがストレスで何度も心が壊れた】(2/4ページ)

 

(1/4ページへ)

 
 
主人と出会って3ヶ月で結婚を決めました。
 
 
彼が「体を壊すまで無理して人と関わる必要があるの?」と聞いてくれたからです。
 
 
そんなことを言ってくれた人は初めてでした。
 
 
その言葉で「この人と一緒にいたい」と強く思ったのです。
 
 
「あなたの人間嫌いは治らない人」
 
「人を好きになろうとがんばり過ぎて空回っている」
 
 
ひどい言葉かもしれませんが、
私の本質を見抜いているので、
心に刺さりました。
 
 
「自分の求める生き方をすれば良い」
 
 
彼の言葉で「この人しかいない」と感じたのです。
 
 
人と関わらずに生きていきたい私を許してくれる人が現れたことで
人との関わりが多い生活に耐えられなくなってしまい
出会って7ヶ月で入籍しました。
 
 
紆余曲折あって
人と関わらずに生活を送るようになります。
 
 
はじめの頃は「人と関わりなさい」と洗脳されてきたこともあり
「人としてダメなのでは?」と悩みましたが
 
主人や心療内科の主治医から
「自分が楽なら問題ない」と言われて
2年かけて開き直りました。
 
 

次へ

 

投稿サイト「アルファポリス」でも公開しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA