勉強して人と関わることを頑張っていた【人と関わることがストレスで何度も心が壊れた】(1/4ページ)

 

 
今回は「人と関わることがストレス」という話をします。
 
 
はじめに言っておきますが、
私個人に問題が多く、周りの人間とうまく付き合うことができないだけです。
 
 
私の性質であり、変えることができなかったので
「明らめた」と言うことになります。
 
 
現在は1人で仕事や家事をして生活を送っていますが
昔は「人と関わらなくては」と様々な努力をしていました。
 
 
コミュニケーションや心理学を学んでいたのです。
 
 
その結果、人と関わることができていましたが、
本心ではひとりでいることを望んでいたので
ストレスが積み重なっていました。
 
 
高校時代に心が限界を迎え、
不登校になり数年間引きこもりニートになったのです。
 
 
周囲から人と関わることを強制され、
「人と関わることを金に帰れば良いのだ」と割り切ったつもりで、
サービス業に従事していました。
 
 
商売根性はあったので、
何とか頑張ることができたのです。
 
 
しかし、それにも限界がありました。
 
 
このままではまた潰れると、わかってしまったので
サービス業の傍ら、1人でできるブログ収益を目指して副業を始めました。
 
 
その中で現在一緒に暮らしている主人と出会い、結婚したのです。
 
 
 

次へ

 

 

  

投稿サイト「アルファポリス」でも公開しています。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA