年齢や身体を言い訳に「出来ない」と言いたくない【燃え尽き症候群から脱却するために】 (2/5)

(1/5ページへ)

 
最近、ブログを書いていても楽しいと感じませんでした。
 
 
正直、内容がクソだと自分でも思っていたのです。
  
 
初めは量を書くことを目的にしていたので、
それでもよかったと思います。
 
 
「文章を書く習慣がついた」のはよかったので、メリットはありました。
 
 
同時に筋トレなども続けていて、
1日の執筆時間も増えたのです。
 
 
座り続けるのも試行するのにも筋力、体力が必要です。
 
 
それは、どんな仕事でも大事なことだと実感しています。
 
 
昔は筋トレや運動や仕事にもいい影響が出るとは思ってもいませんでした。
 
 
私は文字を綴ることを仕事にしたいと思っています。
 
 
思考を文字で表現することが好きです。
 
 
私にとって、生きることと同じだと思います。
 
 
そして「学ぶことをやめたら、私は死ぬ」と言い聞かせてもいるのです。
 
 
向上心を持っていたいし、
知識を得ることを何歳になってもやめたくありません。
 
 
ベッドに寝たきりになっても続けたいという気持ちを持っています。
 
 
ダラダラしている自分にもやもやするし、
想像するとゾッとします。
 
 
年齢や身体を言い訳に「出来ない」と言いたくありません。
 
 
とは言っても、ここ数年の私は立ち止まっていました。
 
 

次へ

アルファポリスでも公開しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA