主人が近くにいないと怖くてお昼寝できない。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
最近、睡眠負債が溜まっているみたいです。
 
 
時間的には問題ありません。
 
 
ただ、活動量が増えたのもあって、
睡眠というか脳の回復が追いついていないみたいです。
 
 
活動した分、脳を休ませなければならないので、
本当はきちんとお昼寝しなくてはなりません。
 
 
わかってはいるのですが、
なかなかお昼寝できないのです。
 
 
つい本を読んで読んだり、
気づくと夕方だったりとかもあります。
 
夕方になると夕飯の準備とか色々あるので、
バタバタしますし。
 
 
昼寝をしようと布団を敷いて準備して寝転ぶのですが、
なんとなく眠ることができなくて、本を開いてしまうのです。
 
 
これもトラウマですね。
 
実家にいる頃は、疲れて寝ていると叩き起こされて、
文句を言われたり、怒鳴られて家事をさせられたりしたので、
布団に入って寝入ろうとしても、落ちる寸前で怖くなってしまいます。
 
 
前よりも改善はされていて、
布団に入って横になって休むことはできるようになりました。
 
ただ寝入りかけても落ちる寸前で「ダメだ」と目が覚めてしまうので、
眠ることはできていません。
 
1人で家にいるときに昼寝ができないだけで、
主人が家にいてくれれば安心して昼寝で爆睡できています。
 
 
1人でいるときも昼寝で爆睡できるようになりたいです。
 
もちろん限界を超えた時は眠ってますが、
滅多にないですね。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA