私は1人でいるときが、一番強い。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
精神疾患は心の病気ではなく、
脳の疾患であると認識され始めたのは、
ここ数年のことでしょうか。
 
 
発達障害やうつ病、統合失調症などは、
心の病気として「お前が弱いからだ」などと言われることが多かったです。
 
 
私も親から「もっと強くなれ」と言われていました。
 
 
しかし、いろんなスキルを身につけて、
自分の「稼ぎ方」を見つけて、
がむしゃらにやっていたら、「お前はおかしい」と言われたのです。
 
 
まあ、引きこもって人に会わず稼ぎたいというのは、
一般的ではないですが、
私にはそれが合っていると自己分析した結果なので。
 
 
主人に言われて知ったのですが、
私は単純に「強すぎる」のだそうです。
 
 
遺伝でもある発達障害の特徴でもある特殊スキルで、
発想力やアイディアに関してはズバ抜けているし、
洞察力や、己の目的に向かって突き進むことはできてます。
 
 
私が「強すぎて」「周りが着いていけない」とか、
「畏怖の対象」であるが故に、
 
大人の言いなりになるしかなかった学生時代に大きなストレスを抱えて、
心を病んでしまったのでしょう。
 
 
開き直って突き進むようになってからは、
同業や家族からの嫌がらせに辟易して、
今は、1人で楽しく仕事をしている次第です。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA