縁を切った毒母に言いたいことは「お金は有限」ということ。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私の母は、食材や料理に手間やお金をかける人でした。
 
一緒にスーパーに行くと「安い食事あは危ないからダメ」と教えてきます。
 
スーパーも少しお高いところを利用していました。
 
 
しかし、はっきりと言わせてください。
 
 
ほぼ、毎日遊び歩いていて、
1日3食作るどころか、週に数回しか食事を作らない人が、
いったい何を言っているのでしょうか。
 
というか、ほぼ1ヶ月家のことを何もしない時もあったので、
そうしようもない女だと思います。
 
 
そのことには独身時代から気づいていたのですが、
私が家計管理をしようとしても、
なんやかんやともめて
私も「勝手にしろ」となり、放置してきました。
 
 
結婚して、全てを自分で管理するようになってからは、
安いスーパーで特売品を買って、節約を心がけながら、
ほぼ毎日、3食自炊しています。
 
 
正直、母のような食材の買い方や
料理にお金をかけていたら、家計が破綻します。
  
 
親と繋がりがある頃は、
「そんな安いものを買って」などとディスられていましたが、
心の中では、
「滅多に料理をしない、遊び歩いている女に言われる筋合いはない」と思っていました。
 
 
あと「お金は有限なんだよ」とも言いたかったです。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA