鼻うがいを半年続けたら、天気病みも軽くなりました。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私は昔から「天気病み」「気圧病み」がひどくて、
時には起きていられにこともありました。
 
 
半年ほど前から「鼻うがい」を始めたところ、
かなり調子が良くなってきたのです。
 
鼻から「米粒」のようなものが出てきて耳鼻科に行ったら、
かなり鼻が詰まっていて、薬を処方されました。
 
そこから、毎日の鼻うがいと耳鼻科で処方された点鼻薬を使用して、
徐々に鼻詰まりが治ってきたのです。
 
 
以前まで「常に頭にもやがかかった感じ」がしていて、
何事にも無気力になっており、
気圧病みもかなり酷く、かなり辛く感じていました。
 
鼻詰まりが治るにつれて、
頭にかかっていたモヤも次第に晴れていき、
 
本当に元気になりました。
 
 
気になって調べてみたところ、
数年前の「耳鼻咽喉科学会」の発表で、
 
鼻詰まりによって、睡眠時に口呼吸になり眠りが浅くなり、
無自覚の睡眠不足で、鬱状態になることがあるという記述がありました。
 
(「鼻詰まり うつ病」で検索すると耳鼻咽喉科学会のPDFが出てきます。)
(自分で調べて、自分で読んでみてください)
(この記事は私の経験なので、知識は自ら進んで取りに行きましょう!)
 
 
「ああ、私が元気になったのは、これが理由か」と納得です。
 
 
睡眠には気をつけていたつもりで、
寝る前のスマホをやめたり、湯船にゆっくり使ったり、
寝る前のストレッチをしたりしていたのですが、
 
鼻詰まりのせいで、その努力をしても無駄に終わっていたみたいです(笑)
 
 
半年経過して気づいたのは、
「最近、天気病みが軽くなったな」ということです。
 
昔は、雨が降っただけで座っていられないくらいだったり、
雨から晴れに(低気圧から高気圧に)変わっても怠くて「役立たず化」していた私が、
今は、どんな天気であっても元気に活動できております。
 
まあ、気圧の変化で多少は体がだるくなりますが、
前みたく動けなくなることはありません。
 
 
人間って、些細なことで元気になるんですねぇ。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA