主人と白熱した議論をすることがあるのですが、周りに聞こえていたら喧嘩と思うだろうな。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
たまに主人と白熱した議論をします。
 
 
2人でニュースを見ていて、火花が散ることが多いです。
 
政治、経済、犯罪など
あらゆることが火種となりまして、
 
そこから、議論していくわけです。
 
 
別に喧嘩しているわけではなく、
単なる「議論」でございます。
 
 
主人と私は知識の方向性が違うのもあるのですが、
 
彼は、「そのことだけ」に対して意見を言い、
 
私は、そこからあらゆるジャンルの話を統合させて意見を言います。
 
 
あらゆるジャンルとは、
「介護」「心理学」「障害・疾患」
「経済学」「帝王学」「歴史」「兵法」
「過去の事例」「過去の事件」など、
 
本当にあらゆることを混ぜ込んで話をするのが、私です。
 
 
そんなわけで、
 
「あーで、こーで、そーだから、こうなんじゃん!」
「だから、そこまで深い話じゃないんだって!結論が〇〇で片付く話じゃん!」
「そんな浅い答えしか出せない輩が国を動かしてんのか!」
「そうだよ!」
「そうなのかよ!」
「政治は、そんな細かいところまで考慮したら回らなくなるんだよ!」
 
と言った感じで、1時間くらい語り合っております。
 
 
結構、大きな声も出しているので、
外で聞いている人がいたら喧嘩だと思っているでしょう。
 
 
主人曰く、
私は知識量が多すぎて、記憶力もあり、
それを総合的に意見としてまとめることはできても、
 
「プレゼンが下手」なんだそうです。
 
 
昔から「その答えが出た理由」を簡潔に纏めて伝えられば最強なのに、と言われていました。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA