芸能人でも一般人でも「私はこれで食っていきたい」と言う強い思いで努力を続けているだけなんだな、と。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
芸能人でも声優さんに対して「好き」にはいろんな感情があります。
 
 
私には大好きな声優さんがいるのですが、
その方に対して「アーティスト、エンターテイナー、として最高に愛してる」とは思っているのですが、
声優としては、好きだけどそこまでではないと感じています。
 
 
逆に、この声優さんの仕事に対する姿勢はものすごく尊敬しているし、
声もすごく好きだし、萌えるのですが
この方が演じるキャラクター自体は、そんなに好きじゃないとかもあります。
 
あとは、声優としての演技も声も好きだけど、
この方の歌は、そんなに好きじゃないんだよな〜と言うのもありますね。
 
 
大好きなアーティストであっても
「この方の曲は好きだけど、人間的にはちょっと」というのもあるし、
 
この俳優さんの演技もアクションも最高だし、仕事に対する姿勢はものすごく尊敬しているけれど、
私生活の方は、ちょっとね〜と言うのもありますね。
 
「好き」ではあるのですが、
いろんな種類があるのです。
 
 
私の中で「この人だったら、なんでも好き」と言う芸能人はいません。
 
この部分は、すごく好きだし尊敬しているし、かっこいいと思うと言うのは確実にあるけれど、
違う部分では「そんなに好きじゃないんだよな〜」と言う部分もあります。
 
 
しかし、歌手も俳優も声優さんも、
結局のところ、人間なので、いろんな面があって当然だし、
 
一部分だけ見て、好きと思うのも
どこかを見て「そこは、ちょっとな〜」と思うのも人間として当然のことです。
 
 
人間は完璧じゃないし、
むしろ、欠点がない方が怖いので、
それでいいと思っています。
 
 
芸能人も人間だし、
視聴者である私も人間です。
 
 
長所と短所、
好きなところと、嫌いなところ、
 
その両方があって当然なのです。
 
 
向こうも万人に好かれようとは思ってないだろうし、
むしろ「好きって言ってくれる人が増えれば嬉しい」と努力しているのだろうし、
 
結局は自身が「こうしたいんだ!」「こうなりたいんだ!」と邁進した結果なだけです。
 
それは芸能人でなくても、
一般人である私たちにも言えることですね。
 
 
私は有名になりたいわけでもないし、
目立ちたいわけでもないけれど、
 
「私は、こうありたい」と貫くことは続けます。
 
 
ぶっちゃけて言えば、
「私は、これで食っていきたいんだ!」と言う強い思いですね(笑)
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA