毒親と縁を切ったあと「好きなファッション」を我慢しておりました。


 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私はエスニックファッションが大好きです。
毒親と縁を切ったばかりの頃は、目立つしまだ同じ県内にいたので
不安もあって処分してしまいましたが、
最近、復活しました。
 
メンタルも落ち着いて無駄に不安になる必要がないと思うようになり、
何かあっても公的機関、警察などを頼ることになっているので、
「ちょっと過敏になりすぎてたかなぁ」と反省してます。
 
むしろ、メンタルも安定してきて、
生活も安定して、燃え尽き症候群を脱して「仕事頑張るぞ〜!」としている今は、
「なんで、あいつらに怯えて好きなものを我慢しなくてはならんのだ!」という気持ちになっております。
 
 
最初にエスニックファッションを処分したときも
主人からは「いや、別に着てもいいと思うよ」とは言われたいたのです。
 
昔から「そういう服を着てる人を見ると、あんたかなって思う」と言われることが多かったので、
なんか怖かったんですよね。
 
今思うと、必要以上に過敏でした。
 
 
エスニックファッションは、目立つのと柄などが全て違って「一点もの」が多いので、
自己防衛の意味で、写真を撮ってブログなどにアップすることはしません。
もともと自撮りはアップしておりませんが。
 
まあ、私は「文字」で仕事をしているのであって、
ファッションや自分の顔で仕事をしているわけではないので問題ありません。
 
 
過度の不安によって、
好きなものを我慢していましたが、
燃え尽き症候群もなくなり、メンタルも安定してきたので、
「好きなものを我慢したくない!」と言う欲が出てきたのでした。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA