消えかけて、生き返って、また消えた。②【オリジナル小説】【短編】

「あんたには自分の考えがないの?」
 
 大学の時、サークルの先輩にそう言われた。
 そのサークルも、仲のいい友達に誘われるがままに入っただけで、別に興味があったわけではない。
 
 その友達も「かっこいい先輩がいたから」という理由で、私はそれに付き合わされただけ。
 その先輩に彼女がいて仲睦まじく相思相愛であるとわかった途端、友達はサークルを辞めた。
 
 天文サークルで、星を見に行ったり、研究したりとなかなか楽しいところだったけど、友達には合わなかったらしい。
 
 サークルの先輩たちはいい人ばかりだったし、辞める理由もなかったので私は残った。
 そして、半年くらい経った時に先輩にそう言われてしまったのだ。
 
 なんと答えていいかわからずに黙っていると、その先輩は言葉を続けた。
 
「サークルを楽しんでいるのはわかってるよ」
「けどさ、周りのサポートばっかしてて、自主的にやってないじゃん」
「もちろん、すごく助かってるよ」
「だからこそ、本当にやりたいことやってるのかなって疑問なんだよ」
 
 この先輩は男勝りな女性で、みんなから「姉さん」と呼ばれていた。
 
「あんたの好きなことってなに?」
「・・・わかんないです」
「だと思った」
 
 はっきりとものを言われると、傷つくよりもむしろスッキリしてしまう。
 
「じゃあさ、定期的にこれやりたいな〜って頭に浮かぶことってある?」
 
 頭の中で、色々考える。
 なんだろう。
 
 何かあったかな。
 
「・・・あ」
 
 そう言えば、たまにやってみたいなぁと思うことがあった。
 確かに、定期的にそう考えている時がある。
 
 実際にやったことはないけど。
 
「あるんだ!よかった!」
 
 何がよかったのだろうか。
 私が口を挟む暇もなく、先輩は言葉を続ける。
 
「それはこのサークルでもできること?」
「もし違うなら、別のサークルにも入りなよ」
「私が寂しいから、籍は残してたまに遊びにくればいいさ」
「別のサークルには私が口利きするからさ」
「そっちがダメだったら、いつでも戻ってくればいいし」
 
 この人、いい人なんだけど。
 自分の中で完結したものを説明なく語り始めるから、たまに理解ができない。

次へ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA