主人が勤めている会社は色々問題はあるけれど「ホワイト企業」に分類されると思ってます。 

  

こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
先日、かかりつけの病院に行ってきました。
 
心療内科です。
高校時代から通っております。
 
私が電車に乗れないので、
いつも主人が休みをとってくれて、連れて行ってもらっております。
 
24時間稼働の工場なので、不定休であり、
シフト作成しているのが主人なので、なんとかなるのです。
 
後、部署の方達が「嫁が虚弱」と理解してくれているらしいです。
社宅に住んでいたこともあったので、よく見てるんですねぇ。
 
基本的には4週間に一度です。
投薬している注射が、その期間なんですよね。
 
 
シフトに関しては、
私の通院予約日にきっちり休むために、
主人がその前に7連勤とかする時があるのですよ。
 
「予約日を変更するから、気にするな」
「他の人の都合を優先してくれ」
「注射が少しくらい遅れても問題はない」
 
散々、言っているのですが、
今まで、予約がずれたことはありません。
(台風などの自然災害によるものを除く)
 
 
ある意味、主人には無理させてしまっているなぁとは思うのですが・・・。
でも、主人が不定休の仕事で助かったなとも思っております。
 
 
住んでいる場所と病院は市が違って、2つ隣です。
高校時代からお世話になっていて、
自分に合っているドクターだと感じているし、
投薬も合っていて、体も元気なので変えたくないんですよ。
 
 
ドクターにも「主人に連れてきてもらっている」と伝えているのですが、
先日の診察の時「旦那さん、仕事行ってる?」と聞かれて、
「まあ、普通に行ってますが」と答えて、なんの疑問にも思わなかったんですよ。
 
家に帰ってから
「あれは、どういう意味だったのだろうか」と考えました。
 
 
住んでいる場所と、病院がある場所は地域が違うし、
産業も全く違います。
 
主人の仕事は24時間稼働の工場で、
地域には同じような会社がたくさんあります。
 
なので「不定休は当たり前」な地域なのです。
 
 
逆に病院のある地域は、
そこまで不定休の仕事が多いわけでもありません。
(結婚前に住んでいた地域だからね)
 
 
ドクターとしては、
「毎回、旦那さんに連れてきてもらってるけど・・働きながらそれは可能なのか?」と疑問だったのでしょうね。
 
 
まあ、主人の会社がシフト作成の時に「今月の休みは絶対に8日になるようにしろ」と命令が降って、
残業が多くなってくると「仕事がひと段落する日があったら、半日で帰れ」と帰らされたりするので、
私としては「ホワイト企業」に近いと思ってます。
 
それでも、仕事内容とか効率には「おかしいだろ」と言いたくなることはありますが。
 
基本的には国が定める労働基準法や働き方改革の方針には沿っているので「ホワイト企業」ではありますね。
 
 
るい
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA