ネット社会の闇、人間関係の闇に苦しむ人たちの「心の叫び」を感じる作品でした。【竜とそばかすの姫】

 
【竜とそばかすの姫】 

2021年 7月16日 公開

原作・脚本・監督 細田守

鑑賞日 2021.7.27

 

 

 
こんにちは。
 
いつもブロフを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
先日「竜とそばかすの姫」を劇場で観てきました〜。

 

 
 
音楽がテーマになっているので、
物凄く気になっていたんですよね〜。
 
 
先行配信されていてメインテーマ曲「U」を聞き込んでから観ました!

 

 

 

観終わったあとは、なんか言葉にならず呆然といろんなことを考えてしましました。
 
この記事ではネタバレしません。
 
 
なんと言いますか、
詰め込まれている人間の感情、愚かさ、浅はかなところ、
光と闇、優しさと憎悪、ハリボテと真実など、
 
いろんなものがありすぎました。
 
 
それを「Bell」が歌う楽曲で綺麗にまとめ上げられている感じです。
 
 
映像美も最高で、
冒頭のシーンは「これ3Dじゃないよね?」と思ってしまいました。
 
最近の映像技術は凄いですね〜。
 
 
映像美に圧倒され、
ストーリーに考えさせられて、
Bellの歌声に感動して。
 
最高の映画でした。

 


  
 
「竜」を演じた佐藤健さんの演技も凄かったです。
 
るろうに剣心を観て「すごい俳優さんだな」と思っていたのですが、
声だけでも迫力がありすぎて。
 
 
映画の感想記事でネタバレしないように書くのは難しいのですが、
とにかく「観てください」としか言えません。
 
 
ネタバレを含む感想は、こちらの記事でさせていただきます。
読まれる方は注意してください。
 
 
 
なんていうか「心の叫び」がダイレクトに伝わってくる作品でした。
 
 
るい
 

 

 

ネタバレ感想はこちらの記事でしています。

閲覧は自己責任でお願いしますね。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA