1人で外出が続くと毒親に関する悪夢を見るようになるので、結局「引きこもりワーク」に戻るのでした。

 
 

こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
最近「気温が上がって熱中症が心配だから、家から出なくなった」のですが、
実は、他にも理由があります。
 
それは「夢見が悪い」からです。
 
 
私は毒親と縁を切りました。
 
そのこともあって「外に出るのが怖い」と、
完全に「引きこもりワーク」にシフトチェンジしたのが、
今の生活が始まったキッカケです。
 
発達障害もあり、
実は「人の顔を識別できない」ので、
知り合いを見かけても、判断できません。
 
実は親の顔も、
一緒に暮らしている主人の顔も識別できませんし、
自分の顔も鏡で見るのと写真で見るのとで違う顔に見えます。
 
そんなことで、外に出ずに家で仕事をするようになったのです。
 
 
はっきりと言えば、
外に出なくても問題なく、むしろ快適に暮らせる環境を作り上げていうので、
全く問題はないのですが、
 
やはり「外に出た方がいいのでは」と思ってしまい、
外出を心がける時期が年に何度かあります。
 
しかし10日くらいが限界です。
 
 
1人で図書館やカフェで仕事をする日が続くと、
実家に関わる悪夢を見るようになります。
 
まあ、嫌な思い出の夢ですね。
 
睡眠不足になり、
仕事や家事が疎かになり始めます。
 
 
図書館やカフェに行って仕事をするのは好きだし、
「楽しいな」と感じてはいるのですが、
 
夜、眠ることが怖くなってしまうのです。
 
 
おそらくは潜在意識で恐怖を感じてしまっているのでしょう。
 
そんなわけで、今は暑さを言い訳にして、
引きこもりワークに戻りました。
 
とは言っても、
体調を戻すまでに1週間かかりましたよ。
 
 
まあ、家で仕事していても、
図書館、カフェでもやることは変わりません。
ただ、気分の問題です。
 
 
主人に相談したら、
「外に出ることはいいことだけど、無理することはない。暑いし」と言われました。
 
外に出始めると悪夢を見てしまうのは、自分ではどうしようもないし、
頑張って、それを乗り越えることも大事なのかもしれません。
 
まあ、生きていく上で睡眠はとても大事なものなので、
トラウマ克服よりも、睡眠を優先させることにしました。
 
発達障害にとって睡眠は、とても大事なものなのですよ。
ドクターにも睡眠はしっかり摂るようにと言われております。
 
 
るい
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA