ずっと放置されていた誤配ダイレクトメールが我が家のポストに入れられていて「嫌がらせかよ」と思った。 


 

こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
数週間前から、マンションの階段下にある集合ポストの上にダイレクトメールがありました。
 
「なんでここに置いてあるのか」とは疑問だったのですが、
 
「まあ、持ち主が持っていくだろう」と放置です。
 
 
他人の郵便物をマジマジと見るわけにもいかないので、
宛名とかよく見てなかったんですよね。
 
まあ、ちらっと見て「自分のものではない」と確認はしておきました。
 
 
いつまでも置いてあるので、「なんだろう?」とは思いながらも流していたのですが・・・。
 
ある時、その郵便物が我が家のポストに入っていました。
 
「なんでだ?」と思って、
しっかりと宛名を確認してみると。
 
同じ大家さんが管理している、同じ名前のマンション宛のものだったのです。
(建物名の後につく数字が違う)
 
というか、棟番号も部屋番号も我が家とは全く違うのですが・・・。
多分、誰かが我が家のポストに突っ込んだのでしょうけれど。
 
いや、ゴミ箱じゃないよ。
嫌がらせかよ、とは思ったのですが。
 
 
一応、誤配ではあるので、
配達側に連絡しようかと思ったのですが・・・。
 
数週間も放置されていたし、
ダイレクトメールだし(私も同じものを受け取ったことがあるので、重要なものでないのはわかる)
誤配は配送側も受け取る側も面倒なんだよなぁ、と悩んだ結果・・・。
 
配達側は、めっちゃ怒られるし。
受け取る側からしても謝罪されるという対応が面倒くさい(個人の感想です)
 
 
とりあえず、大家さんに連絡して、大家さん宅まで届けに行きました。
流石に宛名本人とは面識がないので、勝手に届けるわけにもいかないので。
 
事情があって(前のアパート大家の管理不足が原因)
急な引越しで、引越しを決めてから1週間後には入居させてもらったので、
その時に「急な対応ありがとうございます」とお礼に伺って面識があったので、
大家さんと連絡を取ることに、そこまで抵抗はありませんでした。
 
 
今回は重要性のあるものではなく、
私も「いらね〜」と即捨てしたくらいのものなので、大事にはならないと思いますが。
(人によっては、大事なのかもしれませんが)
 
 
主人と2人で、
 
「今度、そう言うものを見かけたら、すぐに大家さんに連絡しよう」と言うことになりました。
 
 
その郵便物は、頻繁に位置が変わっていたので、
住人たちがそれなりに確認していたはずです。
 
まあ、なんで我が家のポストに突っ込まれていたのかとか、
疑問に残る部分もありますが・・・。
 
結構本気で「嫌がらせかよ」と思いました。
 
私も毒親育ちで、田舎育ちでネットでそれなりに稼いでいて、
親、近所の同年代からの陰口や嫌がらせには慣れているので、
 
「ウゼェ」としか思わないし、
そう言う時の対応もできる人間だし、
悪意があからさまであれば、遠慮なく正攻法で潰す人間なので。
(被害者なのに、いつの間にか周りに加害者扱いされる感じ)
 
それくらいのことで、狼狽えることはありませんが、
ここの住人(特に同年代)に対して「どこでも人間ってのは、変わりねぇな」と思いました。
 
 
まあ、なんとなくだし、誰が悪いわけでもないのですが。
 
1番の原因は、仲介の管理会社かな、と。
担当の方の息子夫婦が同じ棟に住んでいるのですが・・・。
 
担当の方が、
「るいさんは、本当にしっかりしてる」とベタ褒めしてくれていて、
だから、今の物件を率先して紹介してくれていて。
大家さんにもベタ褒めしてくださって。
 
当初から「褒めてもらえるのはいいけど、それ息子の嫁の前で言わないでくれよ」とは思ってました。
 
確かに私は引きこもりワークで稼いでるし、
家事も仕事も生き様も「私が世界で一番かっこいい」を目指しているので、
賞賛したくなる気持ちはわかります。(自分で言うな)
 
同年代の同性からすると、
めっちゃ面白くない存在なんですよね〜。
 
そして、ママ友繋がりで「それ」が伝染していくのです。

「あ~めんどくさい!」と思った時に読む ママ友の距離感 [ 西東桂子 ]


  
 
慣れているし、
妬むしかできない人に興味はないけれど。
 
「めんどくせぇ」とは本気で思います。
 
まあ、今時「散歩以外に週に3回のゴミ捨てに、自らの意思で玄関から出ることを褒めてほしい」と、
堂々と言い切る女は、なかなかいません。
 
(食材は日用品の買い物は自らの意思ではなく、必要だから行くし本当は宅配スーパーにしたい)
(宅配スーパーは主人に「絶対にダメだ」と言われている)
(外出は基本、主人に先導される)
(たまに自ら1人で外出すると、主人が驚愕する。年に2、3回くらいある)
 
 
その生き様を貫く女です。
いや、貫けるように様々な努力をしているのですよ。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA