仲良し夫婦でも違う人間が共に暮らしているのだから、お互いに不満はある。けれど、それは「お互い様」と割り切るのです。 

 

こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
今回は「仲良し夫婦」のお話です。
 
私たち夫婦は自分でも「仲良しだなぁ」と思っています。
 
休日は一緒に過ごしていますし、
買い物も2人で行きます。
 
しかし、仲良しだからといって不満がないわけではありません。
 
 
相手にイライラすることもありますし、
怒りをぶつけたくなる時も当たり前のようにあります。


  
 
結婚当初に2人で話し合ったことは、
 
「人間はエスパーではない」ということです。
 
なので、言いたいことがあったらきちんと伝えようにしています。
 
そのときには「○○だから、こうしたい」と
きちんと理由も述べることが大切です。
 
相手からは、「じゃあ、こういう方法もあるよ」とか、
「それじゃ足りないから、これもしたらどう?」と意見を聞くことができて、
自分の望む以上の答えが出てきます。
 
夫婦といっても違う人間です。
なので、2人で「こうしたい」と意見を出し合って、
折り合いをつけながら共に生活していくことが、
仲良し夫婦に秘訣です。
 
 
もちろん、我慢していることはあります。
主人も私に対して我慢していることはあるでしょう。
 
まあ、お互い様なので不満があっても「まあ、違う人間だもの」と思うと、
嫌な気分にはならないので、おすすめです。
 
 
るい
 
  

婚姻届に判を捺しただけですが(1)【電子限定特典付】【電子書籍】[ 有生青春 ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA