日々のこと。

少し遠出して桜を眺めに行ってきました。

こんにちは。

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。

 

先日、少し遠出してお花見してきました。

 

 

満開に近い状態ですが、葉桜が出ているところもありましたし、花びらがかなり散っているところもありました。

「完全なる満開」というのは本当に難しいものなのですね。

咲き誇る桜も、散りゆく桜も、美しい新緑の葉桜も全て美しいので、よしとするのです。

 

 

「桜の木の下には死体が眠っている」なんて比喩表現ができてしまうくらいの鮮やかな美しさ。

 

桜の美しさに嫉妬した人間が、そんなことを言い出したのかもしれません。

それでも、桜の美しさは人の心を魅了します。

 

春になると「桜がみたいな」と思ってしまうのは、遺伝子レベルで「桜は美しい」と刻み込まれているからなのかもしれません。

 

まだ、他の花見スポットも間に合うかもしれないので、機会があればいろんな場所に訪れようと思っています。

 

泪ーruiー

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。