日々のこと。

在宅ワークだろうが外に勤めていようが、自分に合ったものを選んでも苦労が無いわけじゃない。隣の芝は青いのだ。

 

こんにちは。

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。

 

今回は私が在宅でブログ収入を得ることを選んだ理由についてお話します。

周りから見たら、「家で仕事できるからいいよね」と羨ましかったり、時間が自由になって妬ましかったりするのかもしれません。

確かに家事をしながら、時間が自由になるのは大きな利点です。

 

しかし、デメリットも結構あります。

私がデメリットと感じていることの多くは「妬みによる人災」ですが…。

 

大まかな人災は、

・「どうせ暇でしょ?」と遊びに誘われる、家に押しかけられる。

・ずっと家にいて、パソコンに向かってばかり…詐欺まがいなことをしていると陰口を叩かれる。

・なにをしているのかわからない、怪しい人と変な目で見られる…などです。

 

まあ、広告収入を得るという仕事を「知らないだけ」で、「知ろうともしない人たち」の言っていることなので、気に留める必要もないですし受け流していますが、不快ではあります。

「そういう仕事もある」ことを理解してくれている人もちゃんといるので問題はありません。

在宅ワークという点を考慮してくれた不動産屋さんが、今の物件を紹介してくださいましたからね。

 

基本的に、陰口を叩かれるとかは「家で仕事なんて、羨ましい!」からの嫉妬なので気にするだけ無駄です。

ただ、私には「在宅ワーク」で「広告収入を得る」ことを選択しなければならなかった理由があるので、羨ましがられる意味がわかりません。

 

 

はっきりと言えば、私だって外にパートに行って時給でお給料を貰える仕事がしたいです。

住んでいる地域が車社会なので、目と耳に難があって運転ができない私には、どこかに勤めることに難があります。

人付き合いも苦手なので、人の中で仕事をしているとストレスで体調を崩すので、1人で仕事をするのが合っています。

体調を崩しやすいので、休みながら仕事ができるというのを優先しています。

 

食品添加物を多く採りすぎると、体調を崩すので日々の食事にも気を使っています。(チルド食品、インスタント食品、顆粒だしなども多くは使えません)

ハウスダストにも弱いので、掃除もキッチリしなくれはいけません。

 

といった、もろもろの事情を含めると「在宅で1人で、自分のペースで仕事する」という選択しかできないのです。

まあ、もともとブログを書いたり、本を読む、考えることが大好きというのもあり、「ブログで広告収入」を選択しました。

 

私の現在は、身体のこと、性格、性質、体質、そして好きなことなど「自分にできること」を集めて、ひたすら考えた末に出た結果なのです。

 

今でも「週に2~3日くらいは、気晴らしを兼ねてパートに出たい」と思うこともありますが、結局は「体調を崩したり、ストレスで余計なお金が出ていくのが目に見えている」ので、外で働くことはありません。

 

前に私の仕事を説明した時「365日、毎日仕事、毎日半休および情報収集。遊びに行ってもネタ探し」と言ったら、「私には無理だ。絶対嫌だ」と言われたので、働き方というのは「自分に合ったもの」を選んで、どの仕事を選んでも大変なんだよな、と感じました。

単純な話「隣の芝は青い」ってことです。

 

泪-rui-

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。