手料理の話 / 日々のこと。

とある日の、夕飯。(2021.3.22)

 

こんにちは。

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。

 

とある日の夕飯コーナーです。

この日は「から揚げ」ですね。

 

 

実を言うと、から揚げにするつもりは一切なかったのですが…。

Twitterを眺めていたら「飯テロ」にあいまして…。

「あーー、から揚げ食べたい!!」という衝動に駆られ…主人と2人で散歩がてらローソンへから揚げを買いに行きました。

最近のローソンは手作りお惣菜が置いてあって、なんだか嬉しいですよね。

 

あとは、ハムエッグです。

 

 

ハムエッグって無性に食べたくなる時があります。

 

あとは、菜の花とタマネギの味噌汁。

 

 

月に1度に行く地域に、お気に入りの「八百屋さん」がありまして。

安くて新鮮で、店員さんも素敵な方ばかりで好みなんです。

ここの店員さんが凄いと感じたのは、野菜の値段をすべて暗記していることですかね。

前に開店準備中に行って「いいですか?」と聞いたら快く買い物させてくれまして。

まだ値段がついていないものも多かったのですが、私の動きが止まったり(これいいなという商品を見てる)すると、「それは98円ですね~。今日の朝に仕入れたほうは120円になります~」と教えてくれるのです。

 

「これが、昔ながらの個人商店のプロの技!!」とビックリしました。

 

最近はこういうのを嫌がる人も多いのかもしれませんが、私は好きです。

こういう八百屋さんとか個人商店って、30代の私が「これ、どう調理したらいいんですか?」と聞くと、ちゃんと教えてくれるので料理の勉強にもなります。

 

あと、時期になると国産レモンがあるので、砂糖漬けとかするときに重宝してます。

(輸入レモンは防腐剤が塗られているので、皮を食べてはいけないそうです)

 

私が今、住んでいる地域は農家の人が持ち寄る「安くて新鮮な直売所」はあっても、「安くて新鮮な八百屋さん」はないんですよ。(主人曰く、八百屋はあるけど割高のところしかない)

直売所は開店直後に行かないとなくなってしまうし、人混みが苦手でダメージが大きい私にはしんどいのです。

八百屋さんだと「開店直後しか買えない」とか「買うためには開店直後の人が多いときに行かないといけない」ということもなく、人の入れ替わりで常にお客さんがいても少人数で分散されているので、人混みが苦手でもゆっくり買い物ができるのです。(ちなみに開店直後の直売所はすし詰め状態です)

 

まあ、我が家の食卓はコンビニのから揚げを使ったり、安くて新鮮な野菜を使ったり。

億劫な時は即席食品を使ったり、いろいろバラバラです。

 

でも、毎日のご飯を作っていたら、そんなものです。

 

泪-rui-

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。