閉じる

日本人が「民度が高い」と表現されるのは国民の自己肯定感が低すぎるからではないのか?②

 

①へ

 

 少し調べただけですが「民度の定義」は明確に決められているわけではないようです。故に民度を数値と正確に表すことはできません。はっきりと言えば「個人の感想」です。その方の環境や状況、感情によって「民度が高いか、低いか」は違ってきます。今回、「日本人は民度が高い」と表現したのは政治家の方なので「自分が政治に関わっている国の国民が国会で決まったことに従ってくれたから、いい結果が出た」という喜びの気持ちから「民度が高い」という表現をしたのでしょう。そう考えると「民度が高い」ことは「従順である」ことと同じになってしまいます。
 政治と国民の関係性だけではなく、親と子、上司と部下などすべての関係に言えることなのですが従順であることは「従うことしかできない」「意見を言うことができない」だけであり、その原因は自己肯定感の低さです。

 

次へ

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.