閉じる

日本人が「民度が高い」と表現されるのは国民の自己肯定感が低すぎるからではないのか?①

 

 こんにちは。いつもブログを読んでくださりありがとうございます。
 今回は某政治家が「日本は民度が高い」と発言したことについて私なりの考察を語らせていただきます。
 
 結論から言うと「民度が高い」という言葉が使われる一番の理由は「日本人の自己肯定感の低さ」だと考えています。今、日本人の自己肯定感の低さから、自分に自信が持つことができない人が増えていることが大きな問題になっています。データとしてみた時の日本は世界的にみても平和で豊かな国ですが、一般人として暮らしている私から見ると「本当に平和で豊かな国と言えるのか?」と感じることがたくさんあります。戦争も紛争もなく医療制度も充実していますし生活保護制度もあるので働かなくてもある程度の生活は保障されます。世界から見ても日本は礼節を重んじる民主主義の住みよい国なのかもしれません。しかし、それは「民度が高い」ということではありません。
 そもそも「民度」とはどのような定義で測るのでしょうか。

 

次へ

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.