閉じる

親族の集まりに強制的に参加させられる子どもの気持ちはよくわかります。④

 

③へ

 

 私自身の性質もあるのでしょうが「どんなに嫌いでも笑顔でニコニコ社交辞令」というのが私のモットーです。それが世の中をうまくわたっていくコツでもあるのですが、最近の若い子たちはその能力が乏しいと感じることが多いので心配です。まあ、私のような「どんなに嫌いな人でもニコニコ社交辞令」というのを幼少期から続けていると大人になったときに歪みが生まれて私のように「家から出ないで稼ぐ」という「非社会的」なタイプになってしまうということもありますが…。まあ、大事なのはバランスですよね。

 

次へ

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.