閉じる

戦争のことを語り継ぐのも大切かもしてないけど、未来の平和はそれだけ築けるのか? ④

 

③へ

 今の私はブログを書いてお仕事をしているので「おじいちゃんから、いろいろ聞きたかったなぁ」と思うこともあります。しかし、祖父の気持ちを考えると「つらい記憶なのだから、話してもらえなくてよかったのだ」と思っています。
 私個人が思っている祖父は「ちびまる子ちゃんの友蔵みたいな人」なのですが、周りから言わせると「おまえにだけだよ」とのことです。自分で言うのもなんですが、私は幼いころからぼ~っとしていながらも自分の意見はしっかり言うし、人付き合いは苦手で毒親ともビシバシやりあいつつ、家事などもこなすという自分でもよくわからない人間なのです。現在でも仕事中は主人も話しかけられないくらい厳しい顔をしているけれど、それ以外は魂が抜けている(?)花が飛んでる(?)くらいにぼけ~っとしているらしいです。主人曰く「そんな孫だったから、話してると気が抜けてたんじゃない?」とのことです。

 

次へ

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.