閉じる

不良とかヤンキーってお金がかかるから足を踏み入れたいとは思わなかったです。

 
こんにちは、泪-rui-です。
 
先日、「芸能界喧嘩最強ランキング」とやらを拝見しました。
 
 
簡単に言うと不良とかヤンキーとかなのでしょうか。
 
私は物凄いめんどくさがりで、お金にシビア(ケチ)で、
外見は第一印象で「元ヤン」とか「スケバン」とか言われるのですが、
お金がかかることが嫌いなので、そういう世界に足を踏み入れたことはありません。
 
不良とかヤンキー、ギャルとかってメチャクチャお金かかりますよね。
 
車とか服とか含めて、少し考えただけでも凄い額になるよなぁと。
 
あとは喧嘩したときケガとかしたら、治療費にも余分なお金がかかるなぁと。
 
 
もともと仕事大好きで稼ぐことにしか興味がないので、
そのための自己投資にお金はかけても、「物」に対してお金を殆どかけません。
 
 
「車は乗れればいい」
「服は着れればいい」
 
学生時代からそんなふうに考えているので頓着もありません。
 
 
実家は毒家庭でしたが、裕福ではあったので高級車だったし、
家も全部で300坪くらいありましたが、私はそのすべてを「無駄」「めんどくさい」と判断していました。
 
高級車は常に綺麗にしていないと格好悪く見えるので、ピカピカにするのめんどくさいし、
税金や車検、修理代にもお金がかかるります。
 
それにお金を費やすのであれば、美味しいものを食べたほうが幸せです。
小旅行にだって行けます。
 
それに仕事のための設備投資にだって使えます。
 
これは事業主であった父が従業員に対して払う給料が少なかったり、
設備投資を怠って従業員が作業しずらいことを目の当たりにしていたので、
「車に使うお金があったら、そっちに使えるだろ」
「従業員が働いてくれるから、うちらの生活が潤ってんだろ」という不満があったからです。
 
 
一軒家に関しては
「庭の管理がめんどうくさい」
「家の修繕に関して全部自分で手配するのが面倒くさい」
「全部自己責任、自己負担」というものがとてつもなく面倒くさいのです。
 
 
あとは、高級車とか広い家とか持っていると、
お金目当てで湧いてくる人が少なからずいることが煩わしいです。
 
実家にいたときも「お金を貸してほしい」とか、様々な手法でたかってくる人たちがいました。
 
 
私としては、そんなことよりも働いてくれている従業員に還元しろよという気持ちです。
 
 
正直なところ、私が「変わり者」だとはわかっています。
 
自分の生活レベルは「中の下」でいいと思っています。
私は「仕事」をしたい、楽しくて面白いこと(仕事)をしたいだけで、
そのためにお金が必要だから稼いで、働いてくれた人にお給料を払うだけで、
自分は生きていく程度であれば、それでいいのです。
 
 
単純に言うと「仕事」が好きであって、
稼いだお金で贅沢がしたいわけではありません。
 
 
結局は極度のめんどうくさがりでありながら、
「仕事」に関しては、かなりマメなんです。
 
 
高級な服は管理がめんどうくさいとか、
「ブランド品は飽きない」という人もいるけど、私は飽きるのです。
 
 
私は独身時代「お金のないふり」をしてきましたが、
それはお金目当てで湧いてくる人たちを遮断するためです。
 
自分が稼いだお金を無断で使われたり、
自分にとって意味のないものに使うことは大嫌いです。
 
その代わり仕事に必要なものとか、
面白い話を聞かせてくれたり、
「この子は、将来有望だな」と感じた若い子に対してはお金を惜しみません。
 
 
まあ、自分を飾ることに興味がないといったところですね。
 
 
実際、親族には「元ヤン」とか「不良」が多いですし、
高級車やブランド品に身を包んでいる人が多いのは確かですが、
 
私個人としては、「私はそれにお金をかける気にはならないわ~。もっと面白いことをしたいわ~」と思っているわけです。
あとは「貯蓄に回したいわ~」ですね。
 
 
貯蓄が趣味なので。
 
 
泪-rui-
 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.