日々のこと。

スポーツ選手はスポンサー企業からお給料を貰って生活が成り立っています。コロナで企業がダメージを受けていればオリンピックをやっている場合ではない。

 

こんにちは、泪-rui-です。

 

コロナが出てくる前までの日本はオリンピック開催に向けて盛り上がっていましたね。

今は、コロナのために開催を延期とか中止という話題でいっぱいです。

私個人としては中止でいいのかな、と思っています。

 

これまでにもオリンピックが延期や中止になったことはあります。

日本開催のときには延期も中止もないようですね。

 

現在もコロナによって世界中で大変なことになっていますし、オリンピックどころの話ではありません。

スポーツ選手にとって、とても悔やまれることです。

 

しかし、今はコロナによって混乱した世の中を安定させることが第一ですよね。

 

仕事がなくなってしまった方、学校をやめなくてはならなくなった方も多くいらっしゃいます。

今は、オリンピックを開催して「活気を取り戻す」なんていう段階ではなく、「経済を立て直す」段階です。

活気を取り戻すのは、そのあとですよ。

コロナのワクチンが完成して、世界中に行きわたり人々の生活や雇用が安定してから開催すればいいのです。

 

オリンピック選手たちにもスポンサーとなる企業がついています。

その企業に余裕がなければ選手たちを支援することができません。

 

スポーツ選手だって、スポンサーがいるからこそお給料を貰っていて、練習することだってできています。

 

「スポーツは娯楽」と考えているのは、見ている私たちだけであって実際にプレイしている選手にとっては「仕事」です。

スポンサーの支援を受けて練習をし、お給料を貰い、結果を残すことが仕事なのです。

 

国民だけでなく、多くの企業もコロナのダメージを受けているのにオリンピックを開催することは、なにか違う気がします。

 

スポーツ観戦する私たちにとってスポーツは娯楽でしかありませんが、選手にとってはスポンサーがあってこそ成り立つ「仕事」です。

そのスポーツ選手としての「仕事」を私たちは「娯楽」として楽しませていただいています。

スポンサーである企業が弱れば選手たちは「仕事」を全うできなくなります。

私たちを楽しませることができなくなってしまいます。

 

「活力を取り戻すため」とオリンピックの開催をしたとしても、スポンサー企業がコロナのダメージを受けていたとしたら、選手たちの生活や今後はどうなるのでしょうか。

 

私たちがスポーツを娯楽として楽しむことができるのは、選手を支えているスポンサー企業の経営が順調だからだと、私は考えています。

 

 

泪-rui-

 

 

泪-rui-

主婦です。

気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA