私は、とてつもなく祖父に似ている。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
先日、祖父のことをふと思い出しました。
 
 
祖父は戦争の後遺症で働くこといができなかったのですが、
地域貢献はしていたし、アートとかはすごかったです。
 
 
育てていた松を1000万円で売ってくれとか、
(今の価値だと1億くらい?)
 
作った木のオブジェを100万円でとかあったらしいのですが、
 
全て拒否していたそうです。
 
 
そのころの我が家はとても貧乏だったらしく、
家族は「ふざけんなよ」だったのでしょうね。
 
 
今思うのは「そういうところ、私にそっくりだわ〜」です。
 
 
私はとてつもなく祖父似ということを理解しました。
 
 
たぶん、祖父も私を同じで「作れ」と言われると、
やる気も意欲もマイナス100とかになるタイプだったのでしょう。
 
 
1度売ると、絶対に次を催促されるのが目に見えているし、
そうなると、全く作れなくなります。
 
 
私も依頼されて作品を作る「デザイン」が全くダメで、
99%くらい「アート」なので、
 
じいちゃんの気持ちが、めっちゃわかるわ〜と
大人になった今、理解しました。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA