祖父母は実の息子と嫁をあてにしたく無かった。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私が中学生の時、
夜中にトイレに行こうとした祖父が転んで、
ガラスにぶつかり、頭を怪我しました。
 
 
ガラスに割れる音に飛び起きて、
すぐに駆けつけたのは、私と祖母だけです。
 
 
すぐに祖父を助け起こして、
怪我の手当てをして、
割れたガラスを片付けようとする祖母に
「私がやるから、動くな!座ってろ!」と言ったり、
 
(祖母は緑内障で片目を失明してる)
 
 
2人が落ち着くように温かい飲み物を用意し、
割れたガラスを片付けて、掃除機かけてと、
 
中学生の私が、全て片付けました。
 
 
実の息子と嫁は割れた音には気づいたけれど、
「あいつが行ったからいいか」と、
そのまま寝ていただけです。
 
仮にこれが祖父が転んだのではなく、
泥棒などだったら、大変なことだと思います。
 
 
大人になってから
「自分が親の立場だったら、この状況を中学生の娘に全て任せて寝続けたりしないよな」と思いました。
 
 
翌朝、母に「怪我したの頭だから、一応病院に連れて行け」と言ったら
「大丈夫でしょ」と言うし、
祖父も母と一緒に行きたくなかったらしく「バスで行く」と言うのですが、
 
流石に70歳越えで頭をガラスで切っているのもあるし、
夜にふらついて転んでもいるので、
 
「お前が連れて行かなかったら、私が明日学校を休んでタクシーで連れて行くからな」と脅して、
無理矢理、病院に行かせました。
 
 
実の親になんて口の聞き方をしてるんだとも思いますが、
そこまできつく命令しないとダメなんですよ。
 
ちなみに父は、この様子を見ないふりしてました。
 
あと、
「夜中にガラスが割れた音がしたのに、お前らが起きてこないとはどういうことだ」
「娘が行ったら、いいやじゃないんだよ」
「もし、不審者だったら、どうするんだ」と説教もしました。
 
これも大人になって思いますが、
中学生の子どもが親に言うことではありません。
 
 
まあ、祖父の怪我の手当てをしてる時に
「頭だから、父を起こしてすぐに救急に行こう」と言ったけれど、
頑なに「あいつらは起こさなくていい!」と言うので従いました。
 
きっと実の息子も嫁も頼りたくなかったんでしょうね。
 
 
自分がいろんな知識と経験を積んで思うのは、
 
私の親は「そういう奴ら」だったのです。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA