母と妹は私を小間使いとして利用したかったのだろう。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私は小さい頃から、家事を手伝っていました。
 
洗濯物を取り込んで畳むとか、
台所で母の手伝いをして料理を覚えるとか、
色々していました。
 
 
今思うと、母は成長した私を小間使いにしたかったのだと思います。
 
そう考えた要素はたくさんありますが、
ここでは割愛しますね。
 
 
それで、妹には何もさせていなかったんですね。
 
小さい頃から料理は家事が楽しくて、
色々やっていた姉だったので、
妹の出る幕がなくなってしまったのもあるかもしれません。
 
 
それでも、母が妹に家事をさせるところを見たことがありません。
ことあるごろに姉である私を呼びつけていました。
 
 
そのせいもあるかもしれませんが、
妹は、かなりの偏食なのです。
 
ジャンクフードが大好きなので、野菜を食べません。
 
 
私は自分で料理して食べることが習慣になっていて、
それを楽しんでいたので、
なんでも食べるち、めっちゃ元気です。
 
 
学校が休みになると、
台所に立って、何を作ることが当たり前でした。
 
 
私がなんでもできてしまう人間だったので、
母と妹は嫉妬していたと思うし、
彼女たちに芽生えたマイナスの感情が2人を狂わせたのだと、
大人になってから気づいて、反省したのです。
 
 
まあ、2人とも私を小間使いにしたかったんだろうけれど、
私はそこまでバカでも弱くもないので、
言いなりにはならないですよね。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA