やりたいことができる資金はあったはずなのに。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
今回のお話は、私がニートになった理由です。
 
 
行った高校を間違えたと気づいて、
辞めたかったのですが、それも認めてもらえませんでした。
 
 
後、母が碌でもなかったので
学校を辞めて、独学で稼ぐ勉強をして、
家業を手伝おうと考えていたのです。
 
 
それでも「女のくせに」と言うわけで、
認めてもらえず、心を病みました。
 
 
色々あって、無理やり学校に行かされて、
それが原因でかなり病んでしまったのです。
 
 
卒業する前に私の意思とは関係なく、
勝手にいろんなことが決められて、
生きることが嫌になってしまって、未遂をやらかしました。
 
 
そこから復活してきたところで、
母に「あんたに使うお金はない」と言われたのです。
 
 
学校にもなんでも自分が稼いだお金で行けと言われたのです。
 
 
祖母が私のためにかけていた学資保険が、
高校卒業時に100万円降りたはずだし、
行方不明になった私の通帳には50万円ほど入っていたはずです。
 
その頃の私には、それを問い詰めるだけの元気がなくて、
「ああ、そうですか」と言うだけでした。
 
 
結局、そこからしばらく家事とか介護しながらニート状態で、
家業を手伝い始めて、徐々に頭角を表した私です。
 
 
ある時、家計と家業のお金を調べ直して見直そうと思い立ち、
父名義の通帳と家業の通帳の記録を調べていたら、
意味不明な出金が10万、20万の単位で大量にあったので、
父に「この出金はなんだ?」と確認したらわからないと言われ、
「お前はそれでも経営者か」と呆れ返り、
 
母に問い詰めたところ、
「生活費だよ!」と逆ギレされました。
 
毎月、父から十分な額を渡されてるのに、
絶対にあり得ないだろ、と思いましたが、
話し合いにもならないので、諦めました。
 
 
それからもいろんなことがありまして、
「こいつら、私の手に負えない」となったのです。
 
 
親子とか家族経営って、本当にめんどくさいです。
 
他人だったら横領や窃盗で被害届出せるし、
解雇すればいいだけの話ですからね。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA