散歩が楽しいと嘘をついていました。

 
こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
以前は散歩に行ったり、仕事帰りの主人とスーパーで待ち合わせをするために、
1人で外に出ることが、それなりにありました。
 
 
それが「楽しくない」というわけではなかったのですが、
実を言えば、それなりにストレスだったのです。
 
 
私が毎日、1人で近所の公園に散歩に行くのも、
主人と待ち合わせするために歩いてスーパーに行くのも、
 
「1人で外に出なくては、だめだ」という
強い思い込みから、頑張っていただけなのです。
 
 
主人から1人で外に出ることを強制されたわけでもなく、
私が勝手に頑張って「楽しいよ」と嘘をつき、
勝手にストレスを抱えていただけですね。
 
 
引きこもりすぎて主人に心配をかけたくなくて、
勝手に頑張っていました。
 
 
公園の近くに越してきて1年近くになり、
散歩も同じくらい続けていましたが、
心が限界を迎えてしまいました。
 
 
主人に思い切って相談したら、
「必要なときに外に出てくれれば問題ない」と言われました。
 
1人での外出が怖いだけで、
主人が一緒であれば、外出はできるので、まだ大丈夫なのです。
 
 
エアロバイク、バランスボール、ヨガマットなども家にあるし、
2人で買い物に出たときに百円ショップのエクササイズコーナーを吟味したりして、
もともと整っていた室内運動グッズが、少しだけ増えました。
 
 
「人と違ってもいいのだ」と私に教え込んでくれた主人に感謝です。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA