貯金ができない仕事は存在する。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
いろんな人の話を思い出しても、ネット記事を読んでも、
アパレル業界では働きたくないな、と思います。
 
 
勤めているブランドの服を買わなくてはいけないし、
ノルマが達成できなければ自腹で買うのだと聞きました。
 
 
アパレル業界で働く知人が結婚した時、
義理の父から「貯金はあるのか」と聞かれたそうです。
 
結婚に反対していたわけではなく、
 
「生きるために金は必要だから、これからは自分たちでこれからのことをしっかり考えろ」というのと、
「親に頼るな」という意味を込めての言葉でした。
 
 
その知人の実家はかなりのお金持ちなので、
今まではアパレル業界で働いていて、貯金がほとんどなくても、
それなりの生活ができていたようです。
 
 
義父が「親を頼るな」と言ったのは、
 
「金持ちの自分の実家に頼るな」という意味と、
「自分にも頼るな」があったと思います。
 
単純に「自分たちのことは、自分たちの力でなんとかしろ」ですね。
 
 
今は親に頼ることが当たり前になっていますが、
本来ならば、1人で生きていくこと、
家族を持ったら、その家庭内でなんとか生きていくことが大切です。
 
 
貯金がしにくいという意味では、
アパレル業界は、辛いのかなぁと思いました。
 
もちろん、バリバリ売り上げれば問題ないのでしょうけど。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA