ブログ執筆を仕事にしていると「人間の体って、こんなもんなんだな」と痛感します。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私は眠くなると思考停止状態になります。
 
というか「酔っ払い状態」ですね。
 
お酒は飲んでません。
 
 
主人曰く、
「お酒が入ると眠くなってグダグダになるから、大差ない」だそうです。
 
 
ブログ記事を書くのは、
意外とエネルギーを消費するし、
 
人間の集中力は2時間が限界とも言われています。
 
 
そんなわけで、
私は「眠くなった寝る」というスタイルをとっているのです。
 
 
人と関わって仕事をしているわけではないので、
特に締め切りというものがありません。
 
私自身が決めたノルマを達成すれば良いのです。
 
 
主人から教えてもらった、
私が「眠くなり始めたとき」というものがあります。
 
 
目の焦点が合っていない。
どこか遠くを見ている。
表情が無くなる。
口数が減る。
「あー」「うー」という擬音が増える。
単語だけしか発しなくなる。
 
 
自分で自覚できている時もあるのですが、
「仕事しなきゃ」と思っているときは、
無意識に自覚しないようにしているみたいです。
 
 
自分の体に難があるので、
人と関わらずにブログを書いているのですが、
そうでなくても、無理をしてしまうことがあります。
 
 
というか、
主人は酔っ払いが嫌いなので、
お酒も飲んでいないのに、眠気で酔っ払い化する嫁に対して、
「めんどくさい」と思っているみたいです。
 
 
それでも、
「それだけ集中して仕事してたんだな」とは思ってくれるみたいなので、
 
「ほどほどに」とは言ってくれます。
 
 
執筆という仕事をしていると、
色々経験して、失敗して、
 
「人間の体って、そんなもんなんだなぁ」と痛感することが多々ありますね。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA