キーボードで文章を打ってばかりなので漢字が書けなくなった。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
最近、ふと思うことがあります。
 
「漢字に弱くなったなぁ」と。
 
 
こうして文章を打っているので、
漢字がわからないとか、使えない訳ではありません。
 
本もたくさん読んでいるので、
漢字が読めないわけでもありません。
 
 
ただ、「手書きで書く」事ができなくなっているのです。
 
 
かといって、手書きをする機会がない訳でもありません。
 
 
ネタをメモしたり、
買い物メモを書いたりはしているのですが、
 
単純に言えば、
「自分がわかればいいもの」なので、
 
平仮名やカタカナでサクッと書いています。
 
 
メモを見て思うのは、
「字が下手になったなぁ」です。
 
 
もともと下手なんですが、
最近は、自分以外が読めない感じになりました。
 
 
キーボードを打つのは、
自分でも自信があるくらいに早いです。
 
昔から手書きをするのが学校でノートを取るくらいで、
それ以外は全部キーボードと仲良くしていました。
 
自宅で勉強するときは
手書きではなく、パソコンでまとめたりしてましたね〜。
 
そのほうが覚えることができたので。
 
学校がなくなったら、
手書きをする環境ではなくなってしまったので、
かなり字が下手になり
周囲から「読めない」「なんて書いてあるかわからない」と言われていました。
 
 
たまに自分で書いた字が読めないこともあるのですが、
記憶力はいいので、
ある程度の単語さえ読めれば
全体を思い出すことができたのです。
 
 
そんなわけで、
スマホやパソコンの普及により「漢字を書く」ことが本気でできなくなりました。
 
 
まあ、この時代ですから、
特に支障はない気もします。
 
「退化したなぁ」とは思いますが、
 
「退化も進化の1つ」という言葉もありますし。
 
 
何がいいのか、悪いのか。
考え出したらキリがないので、
 
「まあ、いいか」と思うことにしました。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA