見ず知らずのサラリーマンと「阿吽の呼吸」をしました。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
先日、某古本屋で料理本の棚を見ていました。
 
同じく料理本の棚を見ているサラリーマンがいまして。
 
 
棚は2列分あったので、
それぞれ違う棚を眺めていたのです。
 
 
私は「そっちの棚も見たいんだよなぁ」と思いながら、
「まあ、後でいいや」と見ている棚を物色していました。
 
私が下の棚を見るために、近づきしゃがみ込んだとき、
隣にいたサラリーマンが、私の背後に移動し、
遠目で棚を眺め始めたのです。
 
すかさず隣の棚に移動して物色を始めた私と、
私が見ていた棚に近づいて、物色を始めたサラリーマン。
 
 
なんか「阿吽の呼吸」みたいでした。
 
 
「ああ、お互いにそっちの棚が見たかったんだなぁ」という感じですね。
 
 
このサラリーマンとの会話は一切ありませんでしたが、
満足感で満ち足りました。
 
 
結局、私は移動した棚で欲しい本をゲットです。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA