ボディケアを入念にするのは「綺麗になりたい」からではない。


 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
最近は男性がスキンケアをするのが当たり前になったりと
私が学生の頃とは随分と時代が変わりました。
 
男性化粧品も増えてきましたよね。
 
主人は男性がフェイシャルケアやボディケアをすることに抵抗を感じているみたいですが、
私は賛成派です。
 
その理由は「美容」の観点ではなく、
「充実した仕事をするため」に必要だと感じているからです。
 
私は美容やおしゃれにはあまり興味がない女なのですが、
ボディケアは毎日、念入りに行っています。
 
その理由は「体の巡りをよくするため」です。
 
人間は体の巡りが悪くなると思考力が落ちたり、
集中できなくなってしまいます。
 
つまり、執筆というお仕事に多大な悪影響を及ぼしてしますのです。
 
ケアというよりは、化粧水やクリームを潤滑剤として、
体をマッサージしています。
 
あとは、体に水分が足りていないと
全体の水分不足で思考が鈍るので、保湿もしっかりしています。
 
 
私はお仕事大好き人間で、
文章を書くことに幸せを感じているので、
それを充実させるために、体のケアをしているのです。
 
運動するのも、同じ理由で「美容のため」「綺麗になりたいから」ではありません。
あくまで「思考力を高めて、仕事を充実させるため」に行っています。
 
過去の私は周りの影響で「美容のため」とスキンケアをマメにしていたことはありますが、
長続きしませんでした。
 
スキンケア、ボディケア、運動が常習化したのは、
副業を始めて「本業を疎かにせずに、副業を充実するにはどういった生活スタイルにすればいいか」と考え、
色々勉強したからです。
 
それからの私は健康的になったし、
痩せて肌も綺麗になり、フルタイムで働いて副業もして、家事やもろもろをこなしても、
とても元気に充実した毎日を送れるようになりました。
 
 
男性が肌のケアなどをすることに否定的な主人にこのことを説明し、
「だから、稼ぎ頭の男性こそボディケアをするべきなんだよ」と言うと、
納得はできるけれど、受け入れられないという顔をします。
 
彼は「昭和の男」なところがあるので仕方ないかもしれませんね。
 
 
私自身もメイクはしませんし、
おしゃれとか美容の観点からケアをしているわけではありません。
 
ただ「体の巡りをよくする」ことに重点をおいて、毎日のケアに勤しんでいます。
 
 
結局、肌の状態がいいとか、
肌の水分量が最適と言う状態が「体が元気な証拠」なので、
いい仕事をするためにも、ケアは大事なのです。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA