病院に行くのを「めんどくさい」と放置したために鬱状態になりかけてました。


 
こんにちは。
 
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
長らく放置していた「平々凡々」を久しぶりに書き始めました。
 
日常に起きたこと、
そこから考えたことを吐き出していきます。
 
まずは放置していた言い訳をさせていただきたいな、と。
 
 
一番の理由は「メンタルが乱れていた」です。
 
本当にただの言い訳になってしまうのですが、
色々気落ちしていて、できることが少なくなっていました。
 
なのでブログのみ、なんとか書き続け、
他のものが疎かになっていて、放置してしまったのです。
 
 
今は、ある程度回復して、元気になってきました。
 
元気になってきたからこそ、
メンタルが乱れて気落ちした原因が判明したのです。
 
前に住んでいた住居の環境が悪く、情緒が乱れてました。
あとは、鼻詰まりを放置したことによって、
寝ているときに口呼吸になり、睡眠の質が下がり、
徐々に「鬱状態」になっていたようです。
 
鼻詰まりと鬱状態の関係は「第119回日本耳鼻咽喉科学会」の資料で確認して見てください。
 
 
私も「鼻詰まりが良くなったら、頭がぼーっとしなくなった」と思い、
ネット検索で「鼻詰まり うつ病」のワードで検索しました。
 
 
鼻詰まりを放置した理由は、
自分が花粉症だということを認めたくなかったからです。
 
まだ軽度だったこともあり、
放置を選んだ自分を本気で殴りたいですね。
 
 
結局は私自身の怠慢が原因で体調が悪くなり、
さまざまなことを放置してしまいました。
 
まあ、私自身も「鬱状態」になりかけて辛かったのですが、
結局のとこと、自分が原因なので反省しております。
 
健康って難しいですよね。
人間の体は、全ての場所が何かしらの形で繋がっているので、
ちょっとでも「ん?」と思うところがあったら、
すぐに病院に行くことが大事だと痛感しました。
 
体が不調になれば仕事にも影響するし、
そしたら、収入も減って生活にも困るようになります。
 
「病院に行くの面倒くさいな」ではなく、
仕事のため、お金を稼ぐため、
充実した毎日を送るために、しっかりと病院にいきます。
 
 
るい

 


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA